TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

弊社のモットー:「力を合わせて取り組む」ということ

弊社ホームページのフルリニューアルに至った経緯は、ホームページリニューアルの狙い でお伝えしています。

弊社ホームページリニューアル、もうひとつの要因

弊社ホームページを大々的にリニューアルしなければならなかったのは

  1.  会社の方針が変わったから
  2.  制作後5年が経過し、掲載情報も構造も古くなっていたから
  3.  時間の経過と共に世間のニーズも様変わりしたから

など、どこの会社にでもありそうないくつかの理由が挙げられます。
でも、最も重要な「フルリニューアル」の要因を、私自身が忘れていたことに、はたと、気が付きました。

何事も第一印象は大事にすべし

その要因とは、私がこの会社の一員になった時に抱いた「弊社ホームページに対する第一印象」を大事にすべきだということ。

  • 個人的な意見かもしれない。
  • 素人の意見なのかもしれない。

でも、いい印象は持たなかったのです。

  • がちゃがちゃしてて見にくい
  • 情報が輻輳していて、わかりにくい
  • 集客をアピールしているが、根拠が曖昧でインチキ臭い
  • ブログ掲載も多い一方で、統一感がなく、反って疑わしい

内輪で盛り上がり、周りがしらける、という第一印象です。だからリニューアルは不可欠だという直感。
もちろん、すぐに口にはしませんでした。

はじめての弊社ホームページリニューアル提案

それから2ヶ月後、弊社の今後の取組みについて話をしていた際、
「ホームページ制作会社なんだからこそ、ホームページをちゃんと見直した方がいいんじゃないか?」
と提案。

もちろん、否定はされないものの、肯定もされなかったのです。

  • 肯定されないのは「やりたいけれど、やってる暇がない」という事実でもあり、体のいい言い訳
  • 「作った本人にはわかりやすいんだけどなー」とこれも尤もな意見

そこに対して、私も食い下がることはしません。状況は「火を見るより明らか」ですから。

第一印象が薄れ始める

私もこの会社に仲間入りし、そろそろ半年が経過しようというころ・・・。
私の受けた第一印象が薄れ始めます。

 

人間には「視点(立場)が変われば意見が変わる」という習性があります。
はじめて(リニューアル前の)弊社ホームページを見た時の「違和感」や「問題意識」が薄れ始めます。
零細企業の宿命とも言える

  • 貧乏暇なし、
  • 自社のことよりもお客様優先、

そんな中、無理してまで、ホームページをリニューアルする必要性もないのではないか?という気持ちがかすかに芽生え始めます。
他人事だと「見える」ものが、我が事となると「突然、見えなく」なってしまう。
それは非常に危険だし、勿体ないことだと思うのです。

最初の新鮮な感覚こそ、世間の声に近い。だから何よりその感覚を大事にすべきだと思うのです。

プロジェクトの成功に不可欠なこと

一方で「時が満ちるのを待つ」のは、とても大事なことだと考えています。
「作り直す必要がある」と、社内で意見がひとつにまとまる時 を待たなくてはいけません。
誰かの「やらされ仕事」になってはいけないからです。

  • プロジェクトが大きかろうと小さかろうと、
  • 難しかろうと簡単だろうと、

協力体制が整い、みんなの努力の先に、プロジェクトの成功があるのです。

そして、時は満ちたのです。「時間がない」と言ってる本人も

  • 体のいい言い訳であることも、
  • 作り直す必要があることも、

しっかり自覚していたからこそ

  • 反射的にいったん言い訳してみたものの
  • 頭の片隅でいつも気にしていたからこそ

時間が解決するのです。

  • とうとう、仕事の合間を縫って、弊社ホームページのフルリニューアルを敢行。
  • みなが納得し、時間がない中での推進。
  • 誰も指示し、指示されることなく、自らそれぞれ自分の役割を全うする。

そして、ようやくホームページ本体が出来上がったのが2月末。当初スケジュールから遅れること4ヶ月。
もちろん、すべてが思い通りにはいきません。

だからこそ、今がある

そして3月より本格稼働。

  • まだ、足りないページもたくさんあります。
  • 日々、ブログ掲載でホームページを育てています。
  • 適宜、ホームページ自体の見直しや、追加も実施しています。

ブログとは言っても日記とは違います。毎日継続的に情報発信するのは、とてもつらいものです。
アンテナを張り巡らし、なんとかネタをかき集め、役立つ情報発信に努める。
金曜日を迎える度、やっと今週が「無事終わった」と安堵して帰路に就くのです。

それが出来るのも、「同じ志」「同じ目標」を持って取り組んでいるからこそ。
私だけが脱落するわけにはいかないのです。
読者も少ない中、そんな意地と根性で、今日もまた、情報を発信するのです。

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る