TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

ホームページ集客:IT嫌いの私でも出来る「ホームページ」の有効活用

私は自他ともに認める「IT嫌い」の「IT音痴」。
理由はたくさんあります。

ITが好きになれない理由

  • まず、自分自身の問題として、家電メーカーに勤めていたのに、そもそも機械音痴であること
  • IT化が進む度に、人の仕事がなくなっていくことに対する懸念
  • 便利になればなるほど、今まで出来ていたことが出来なくなる(例:漢字、読めるけど書けない)ことへの憤り
  • さらに、便利になればなるほど、日常生活に脅威が忍び寄る(例えばウイルスメール)恐怖

これまでのゆったりとした人間生活を脅かすIT。

一方で、今や誰もが少なからずネットワーク依存症。

  • 日々、携帯電話を持ち歩き、あろうことか、分刻みで携帯電話が気になるという有様。
  • 一体、20年前まではどうやって日々暮らしていたのかと、ひと昔前のことが想像すらできない今日この頃。
  • 面と向かって話をすることを避け、ただただパソコン、スマホと向き合う日々。

「コミュニケーション障害」が疾患として認定されるようになった今、
携帯やスマホと向かい合ってるようでは、「コミュニケーション障害」に悩む人は増える一方です。

「私の日常」を振り返ってみる

そんなIT嫌いを公言している私でさえも、パソコン、スマホと向き合う時間はとても長いのです。

  • スマホデビューは比較的遅かったものの、スマホを使い始めてから、老眼が加速度的に進行。
  • 就寝前の各種メディア(テレビ、スマホ、パソコン)との接触は、睡眠障害の要因となるらしく、私も立派な睡眠障害疾患中。

ここまでつらつらと、ITについて思うままに書き連ねてみたけれど、
ITは我々人間にとって、ひとつでもいいことがあるのでしょうか?

もちろん、私が悪い側面ばかりをフィーチャーしていることは否めません。
当然のことながら、ITが存在しなければ、弊社は存在せず、我々は露頭に迷います。
もとい。ITが存在しなければ、世の中は人間がやるべき仕事で溢れているので、路頭に迷う心配はいらない筈。

話が反れました。そんなことはどうでもいいんです。
言いたかったことは、IT嫌いと公言していても、

  • ITを飯のネタとし、
  • 日常的に仕事でパソコンを使い、プライベートではスマホに飽き足らず、タブレットまで使う。
  • そして、多くの場合、メールやチャットやLINEで要件調整を済ませてしまう。

IT嫌いなどと言っていられないのが現実なんです。

唯一認めるITの利点

そんなIT嫌いの私が、唯一ITを評価している点があります。
それはペーパーレスを実現してくれること。

世の中には「紙」が溢れています。
新聞に挟まれて毎日届けられる大量のチラシ。このチラシには辟易とします。

  • 多過ぎて、選別してチェックするのも一苦労。
  • チェックしてみたところで、私にとって大した情報は見あたらない。
  • 資源ごみとして処理するのも、重くて一苦労。

それに引き換え

  • メールやファイルはごみにならなくていい。
  • しかも、相手の時間を気にして連絡する必要もない。
  • もちろん、こまめな整理は必要ではあるけれど、捨てる際「勿体ない」と心を痛める必要もない。

ホームページの利点と欠点

ホームページはもっと評価すべきところがあるんです。
見たい人が見たい時だけ、自らの意思で見ることが出来るということ。

  • 無駄な労力が省ける(邪魔にならない)。
  • 無駄な資源を使わなくて済む。
  • 無駄な時間も使わなくて済む。

ある側面から捉えると、いいことしかありません。ただ、そこが「ホームページの泣き所」でもあります。
それは、せっかく万全の準備をして待ち構えているのに、見に来てもらえないという「恐るべき事態」の発生
ホームページはあくまで「受動的」な存在だということなんです。

だから、ホームページの存在を、広く世間に認知してもらう必要があります。

  • チラシを配る?
  • Web広告を出す?
  • テレビCMを流す?

コスト的に、チラシが最も現実的ではあるものの、結局「大量の紙」を消費することになってしまいます。
Web広告には相当の費用が発生し、テレビCMなどコスト面では選択肢のひとつにもなりません。

今、必要なことはホームページを育てる、ということ

そんな中でホームページを知ってもらう方法こそ、検索エンジンに認めてもらうという方法。
実際、ホームページ運営だけで「営業活動することなく、経営が成り立っているお客様」はたくさんいます。

IT嫌いな者にとって「はじめの第一歩」を踏み出すのが難しい。
でも、最初の一歩を踏み出せば、案外、その後は楽なものです。
諦めることなく、こつこつとやり続ければ、いつかその努力は報われます。
始めなければ、何も変わらないのです。

うん?結局IT好きなのか?
「どんなに嫌い」であっても、時代に逆らっても得はない、ということだと理解して頂きたいのです。

最初の第一歩、踏み出してみませんか?

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る