TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

Google Analytics:ホームページの実情を知るともっと知りたくなる

せっかく作ったホームページ、世間の評価、気になりますよね?

  • 沢山の人に見てもらえているのか?誰もみてくれていないのか?
  • 何故、見てもらえているのか?何故、見てもらえないのか?
  • 検索結果には表示されているのか?あるいは、誰にも見つけられないような状況なのか?

すごく気になりますよね?

世間の評価は、Google Analyticsで確認できます

「ホームページ育成」のためのPDCAサイクルを回すということ で触れていますが、Googleはサイトの閲覧状況を見るためのツールを無償で提供してくれています。

もちろん、利用するためには、ホームページ制作の際、Analyticsの設定が必要となります。
設定方法については、ここでは触れませんが、どうしても気になる方は、下記のページを確認してみてください。
ご参考:Googleアナリティクス設定|導入~分析までの完全攻略ガイド

このGoogle Analytics、確かに便利なツールなんですが、初めて見た人には少し、とっつきにくいかもしれません。

というわけで、まず最初に確認すべき「ユーザーサマリ」に出てくる用語解説をしておきましょう。
Analytics利用の際は、必ずサイト閲覧状況を確認したい「期間」を指定します。

  • セッション    :サイトにアクセスした人の延べ人数(同じ人が3回閲覧したら「3」カウント)
  • ユーザー     :サイトにアクセスした人の人数(2回以上サイト閲覧した人を「1」カウント)
  • ページビュー数  :指定期間内に閲覧されたページ総数
  • ページ/セッション:サイトアクセス1回当たりの閲覧ページ数
  • 平均セッション時間:サイトアクセス一回当たりのサイト滞在時間
  • 直帰率      :サイトアクセス時、最初に見た1ページだけで、サイトを去ってしまった確率
  • 新規セッション率 :サイトにアクセスした延べ人数に占める「初めてサイトアクセスした人」の割合

ここまでは、Analyticsの基本中の基本です。

Analyticsで現実を知る

  • ホームページを新しく制作した
  • ホームページを大々的にリニューアルした

そんな時、どうしても「沢山の人が見てくれるといいな」と、期待を抱いてしまいます。
期待に胸を膨らませAnalyticsを覗いてみると

 

・・・

 

もちろん業種にもよりますが、多くの場合、惨憺たる結果が待ち受けています。
頭をハンマーで殴られたようなショックに襲われます。

 

なーんだ、結局ホームページなんて、意味ないじゃないか。
と諦めてしまうのならば、Analyticsで現状を知る意味はありません。

  • なんで?どうして?
  • 一体何が悪いの?
  • 一体何をすれば、もっとみんなに見てもらえるの?

この疑問が生まれるから、Analyticsで現状を知ることで、次の行動を考えるきっかけとなるのです。

  • そもそもサイトへのアクセスが極端に少ないのか
  • サイトへのアクセスはあるけれど、直帰率(1ページだけみてすぐサイトを去る確率)が高いのか
  • サイトへのアクセスもあり、閲覧ページ数もそこそこあるけれど、問い合わせがないのか

1分もあれば確認できる「ユーザーサマリ」で「サイト閲覧状況の今」を確認できるんです。(下記参照)

取るべき次の行動

「サイト閲覧状況」によって、次に取るべき行動は様々

  • そもそもサイトアクセスが極端に少ない場合
    キーワード検索しても、検索結果は上位表示されない。
    Googleのサイト評価が低い → 特徴もなく、価値も低い → 「掲載情報不足」が考えられます。
  • サイトアクセスはあるけれど、直帰率が高い場合
    恐らく、
    多くの人のサイトアクセスのきっかけとなったページ(多くの場合、トップページ)に問題があるか、
    サイトにアクセスして欲しい人 ≠ サイトにアクセスしてる人 となっており、ニーズが一致していない
    という問題が発生しています。
  • サイトへのアクセスもあり、閲覧ページ数もそこそこあるけれど、問合せがない場合
    そもそも問合せページにたどり着いていないのなら、行動を起こすほどの情報が掲載できていないのでしょう。
    問合せページにたどり着いているのに、問合せが獲得できていないのであれば、問合せページ自体の「項目数が多すぎる」などの問題が考えられます。

あーやっぱり面倒くさい、と思った方も多いと思います。
そうなんです。こんな風に説明されると、たいていの人はいやになってしまうんです。

だから、説明しておいてこう言うのもなんですが、こういう面倒くさそうなことは、いったん忘れてください。

問題発見都度「なんで?」と考えると、やめられなくなるんです

恐らく「今、弊社が抱えている課題:アクセスが思ったように獲得できない」こそ、最初にぶち当たる課題です。

弊社は大っぴらに宣伝してないため、アクセス獲得はキーワード検索頼りです。
そのキーワード検索で、今、検索結果の上位表示が出来ていない
つまり、Googleの「サイト評価レベル」が低い
こんな時、打つべき手はひとつ。
とにかく、キーワード検索で上位表示させたい「キーワード」をテーマに、情報発信に徹するということ。
弊社なら、「ホームページ制作 大阪」 「ホームページ作成 大阪」など。

  • それらをテーマに、来る日も来る日も情報を発信する。
  • これだけ毎日情報発信してるんだから、何か成果が出てる筈、と閲覧状況が気になる。
  • そして、Analyticsを覗いてみると、ユーザーサマリで確認できる状況は何も変わらない。
  • がっかりしつつも、詳しくAnalyticsの中身を覗いていくと、Googleの「弊社サイトに対する評価」が各段に良くなっていることが分かる。詳しくは、途中経過報告:ブログ記事をこつこつ書き続けた効果 をご覧ください。
  • そうなると、もっと頑張ればもっと評価が上がる筈、と「俄然やる気を見せ」更に意欲的に情報発信を行う。
  • すると、またこれだけ頑張ったんだから、と閲覧状況の変化が気になる。

これの繰り返し。
だから、Analyticsを見始めるとやめられなくなるんです。
落ち込んだり、浮かれたり。浮かれてたと思ったら、またどん底に突き落とされたり・・・。

まだまだ私の目指す境地には至ってませんが、Googleとの根気比べというところでしょうか。

 

読みもの

ページ上部へ戻る