弊社ホームページのアクセス状況 2017年 8月21日

アクセス観察日記(2017/08/21)

夏休み、いかがお過ごしでしたでしょうか?

休み中、ホームページへのアクセスは低迷します。
アクセス数だけでなく、せっかくアクセスしてくれても、滞在時間は短く、直帰率も高い。
不思議な現象ではありますが、恐らく「ホームページ制作」や「Web集客」と言った

ビジネス的な目的ではなく、
プライベートな調べモノをしていて、ふとアクセスしたけれど、「なーんだ」と立ち去った

人が、休み中は多くなる、ということなのでしょう。

そんな訳で、この2週間の弊社ホームページのアクセス状況は惨憺たるものです。
2週間分、合わせてご覧いただきましょう。

8月7日~8月13日のアクセス状況サマリ

8月14日~8月20日のアクセス状況サマリ

 

感想と考察

この観察日記も、スタートしてそろそろ半年を迎えようとしています。
半年も経つのに「大きな変化が見られない」という報告ばかりで、「もうお腹いっぱい」だと言われでも仕方ありません。

こんな地味な取り組み、意味ないと思っている人も多いのではないでしょうか?

  • 手間と時間を費やし、
  • 「検索順位」や「検索結果表示回数」に多少の変化は見られるものの、
  • その変化も一進一退の繰り返し。
  • 「弊社の取組実況中継」を大きく出た癖に、
  • 週1回の状況報告は言い訳ばかり。

このような現実に直面し、

  • リアリティーの演出には成功しているけれど、
  • 「賛同者の獲得」からは大きく離反している。

ことは痛いほど理解しています。

こんなに手間と時間がかっているにもかかわらず、効果が見られないのであれば、
「取り組んではいけないこと」の証明をしているような気分になったりもします。

では、一体何が私を支えているのか?という疑問。

当然、半年間継続している数々の情報発信を、全部見てくれている人はいないでしょう。
にもかかわらず、最近、弊社のお客様の発言が変わってきました。

何故か。

組織としての信念や目標、想いや理想を継続発信する、ということは、
その「思いや信念」と毎日真摯に向き合う、と言うことに他ならない行為です。
つまり、毎日真摯に向き合うことで、会社として目指すべき方向性が、更に研ぎ澄まされていくということです。

  • 誰かに向かって情報発信している一方で、
  • 自分自身の考え方や信念、方向性を再確認する

という作業も兼ねているということです。しかも、

  • 個人的にノートにしたためるのではなく、
  • 誰かの目に触れてもいい状態で発信するという作業。

大きな負担がかかる分、自身の頭の整理にもなります。その結果、

  • 私達の発言が変わり、
  • 行動が変わり、
  • そして、お客様の発言が変わってきた

ということだと思います。数字で表現できないけれど、これは大きな成果だと考えています。

もうそろそろ、目に見える大きな変化も期待したいところではありますが・・・
また来週~。

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。