TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

弊社のモットー:弊社の全うすべき「本来の仕事」の飽くなき追及

仕事は「頭脳労働」と「単純労働」に分解できます。
組織においては、役職が上がるほど、より難解な仕事を分解することになるのが一般的です。

弊社の「仕事」

仕事を分解するとは、

  • 何が目的で、何を解決すべきかを解き明かし、
  • その目的に向かって、どんなアプローチ方法で、何をすべきかを考え、
  • 具体的な作業に落とし込む。

ということです。

この分解が終わった時点で、原則「仕事」は終わったも同然、なんだそうです。
何故なら、後は決まったことをやるだけ、だからです。
だから、人の言うことに従ってるだけなら、「単純労働」をこなす作業者ということになります。

弊社の仕事は「ホームページを作ること」。
だから、お客様の言う通り「ホームページを作る」だけなら、「単純労働」を代行するだけの「作業者」。
どこにでもあるホームページ制作会社であり、「選ばれる会社」になど、なりようがありません。

だからこそ、

  • 何故、ホームページを作るのか?
  • 何故、現行ホームページに不満を抱いているのか?
  • 何故、弊社を選んでくれたのか?
  • 弊社に何を望んでいるのか?

そんなお客様の「悩み」や「課題」に寄り添うことで、はじめて「ホームページ制作のプロ」として果たすべき役割を全うできると考えています。
一方で、多くの人の持つ「ホームページ制作会社に対する認識」との温度差を感じています。

弊社の抱える「不完全燃焼問題」

実は今、弊社は「大きな悩み」を抱えています。

というのも、

  • お客様の「真の悩み」にたどり着いた時、多くの場合、お客様は同調し、喜んでくれます。
  • だけど、そういうケースに限って、その後、十中八九契約には至りません。

その理由は、

  • 表面的な課題ではなく、真の課題に気付いてしまった以上、その課題解決が先決だ、となったり
  • 目指すべきところを目指すために必要となる「費用」に怖気づいたり
  • 社内合意を取る段階で、うまく説明できずオーソライズを得られなかったり  など

正式に理由を聞いたわけではありません。
だから、あくまで私達の推測に過ぎません。

理由が聞けない理由。それは、

  • ついさっきまで「のりのり」だったお客様が
  • しれっとフェードアウトしていくからなんです。

ひとつだけわかっていること

本当の具体的な理由はわからなくても、本音は分かっているつもりです。
「なるほど~」と思ってみたけれど、「本気ではない」からなんです。
※ 弊社の「力量不足」「説明不足」「魅力不足」は一旦置いといて

理想はあるけれど、

  • 難しいことはしたくない
  • 面倒なこともしたくない
  • お金もたくさん払いたくない

だって、本当に自分の描く未来が手に入るとは限らないから。
正直なところ、そんな感じなんじゃないかな、と思っています。

 

そもそも「思うようにいかない」ことの方が多いものです。
世の中、思い通りの人生を歩んでる人なんて、そうたくさんはいません。
だって、人生は未知数であり、不安が尽きないものですから。

人は不安が取り除かれると、チャレンジ意欲が増す

先日、ある情報番組で得た情報ではありますが、
これまで、いくつかの国で、ある実験が、何度か行われてきたそうです。その実験とは

  • みな平等に、一定額の充分なお金を、永遠に与えられ、安心感を得ることで、
  • 人はどういう行動をおこすのか?

というもの。

実験結果は、将来に渡り、生きる基盤となる「生活への不安」が取り除かれると

  • 怠惰になり、働かなくなる人がいる一方で(想像の範囲)、
  • 実は、本当にやりたかったことに挑戦する人が飛躍的に増えるんだそうです(意外な事実)。

つまり、将来に対する不安が、人の思い切った行動(やりたいことへの挑戦)の妨げになっているということ。

不安の要因とは、

  • 明日死ぬかもしれないけれど、何歳まで自分の人生が続くのかわからない。
  • いつ、厄介な病気に見舞われ、どれほどの医療費や、介護費が必要になるのか見当もつかない。
  • 「年金制度」もどこまであてにできるのかわからない。

みたいなこと。見えない将来に、感じる不安要素が多すぎるのです。

だから、いろんなことに興味があり、挑戦してみたいけれど、やっぱり迷いが生じてしまう。
この気持ち、よくわかります。

日本の未来

昨今、不安要素が劇的に増えています。

  • 今年の梅雨は、局所的な大雨をもたらし、各地に甚大な被害を及ぼしました。
  • 今年になって、震度5以上の地震が各地で相次いでいます。
  • 今年はまだ7月だというのに、既に35℃以上の猛烈な暑さが続いています。
  • 近海の海水温が上昇し、日本近隣で台風が発生し、台風の大量発生、大型化が危ぶまれます。
  • ヒアリに代表される「外来生物による生態系の乱れ」が加速度的に進んでいます。

毎日のように耳を疑うようなニュースが、飛び込んできます。

そして、崩壊寸前の安倍政権。日本は一体、どうなってしまうのでしょうか。
一方で、「壊れること」は「新しく生まれ変わること」。いい傾向なのかもしれません。

このように、周りを見渡す限り不安要素に埋め尽くされた状況の中、
不確定要素を残した「新しい取組み」に、中小企業経営者が一歩踏み出せないことこそ、今の日本が抱える最も大きな問題ではないでしょうか。

  • 誰もチャレンジできない。
  • ということは、誰も変化を望めない。
  • つまり、誰も飛躍出来ない。成長出来ない。

逆手に捉えれば、誰もチャレンジできない「今」だからこそ、千載一遇の稀に見る「挑戦」に踏み切るチャンス到来。元気な日本を取り戻すために、弊社に出来ることが何かないか、と日々模索しています。

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る