TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

ホームページ集客:改めて、ホームページの有効性について

ホームページで集客することの有効性について、ちょっと言及してみたいと思います。

新規客獲得とは

新規客獲得なしに、ビジネス継続はあり得ない。
一方で、新規客獲得までの道のりは 長く険しい

  • 購買決定に至るまでのフレームワークの原型ともなる「AIDMAの法則」。
  • インターネットが普及した現在のフレームワークと言われている「AISAS」。

他にも色々のあるようですが(下記参照)、詳細はともかく、購買に至るまでの道のりは、長く険しい ということなんです。

ご参考:ちゃんと区別できてる?AIDMAとAISASの違い

<AIDMA>

  • Attention:認知(商品やサービスを知る)
  • Interest  :興味を持つ
  • Desire    :欲しいという欲求
  • Memory :記憶
  • Action    :購買行動

<AISAS>

  • Attention:認知(商品やサービスを知る)
  • Interest  :興味を持つ
  • Search :検索
  • Action :購買行動
  • Share :共有する

上記2つを見比べてわかることは、「認知」「興味」なしに、購買行動には結びつかないということなんです。
当然のことながら、「知ってもらわなければ」何も始まらないんです。

中小零細企業の宿命

知名度のない中小零細企業は、「知ってもらう」ために、多大な労力を費やすことになります。
知ってもらうために

  • チラシを配り、
  • 異業種交流会で名刺交換をし、
  • 営業電話をかけて疎ましがられる。

そんな苦労があることを見越して足元を見られ、

  • 御社の営業活動をサポートするだの、
  • 新しいマーケティング方法があるだの、
  • 営業マンを増やすことが大事だの、

決してマーケティング力があるとは思えない会社から、売り込みをかけられる始末。

でも、私達は知ってるんです。

  • 吹けば飛びそうな会社であっても、設立から既に20年が経過し、
  • 過去に何度か、そんな「調子のいい売り込み」に手を出し、
  • 営業マンを増やせば売上は上がると信じて、何人も営業マンを雇ってきたから。

あらゆる実体験を通じて、世の中はそんなに甘いものじゃない、
みんな良くも悪くも「獲物」を探しているだけだ、ということを充分理解しています。

知ってもらうことは大事だけれど

「知ってもらう」「顔見知りになる」ために、異業種交流会へと出かけます。
もちろん、これも大事な営業活動です。

でも、闇雲に知り合ったところで、弊社のサービスに興味を持っているとは限りません。
しかも、弊社は 無名の零細企業
ちょっとやそっとで、弊社に興味を示してくれる人など皆無に等しいことも、充分わかっています。

  • 快く、名刺交換はしてくれるけれど、それはあくまで社交辞令。
  • 弊社への興味など、これっぽっちもないのが普通です。

これが中小零細企業のデメリット。スタートラインに立つまでには、相当の苦労が必要なんです。

そりゃそうなんでしょう。

  • いつ潰れるかもわからない中小零細企業。
  • 大きい買い物、得体のしれない買い物をする時ほど、保証だって欲しい。
  • ITに疎い人をターゲットにした胡散臭いIT関連企業の噂は絶えない。
  • 20年の歴史はあるけれど、今後の保証はどこにもない。
  • あると言えば、弊社社長の「辞めない、潰さない」という決心だけ。

「そんなもの、当てにできない、すがれない」それが真っ当な意見でしょう。

ホームページの重要性

そこで登場するのがホームページだと思うんです。
ホームページはあくまで「受け身」。

  • Google検索エンジンからも「評価される側」だし、
  • ユーザーにアクセスされるかどうかも「選ばれる側」だし、
  • 最終的にお客様が弊社を選んでくれる時も「選ばれる側」です。

何もこちらから意図的に仕掛けることは出来ません。そんな訳で、

  • Googleの検索エンジンに評価されず、
  • 誰の目にも止まらず、
  • 結果として、何の反応もない。

そんなことは日常茶飯事です。

だけど、この何段階もの条件をクリアして、お客様が「問合せ」と言う行動をとった時、
少なくとも、スタートラインには立っている んです。

  • 異業種交流会で出会った人や、
  • 営業電話で「接見」になんとか漕ぎつけた人

とは別次元なんです。

  • 自ら選んでくれた人と
  • こちらから無理矢理押し掛けた人。

だから、 ホームページをきちんと運用することは、とっても重要 だと思うんです。
弊社でも、本格的にホームページの運用を始めたからこそ、身に染みて実感 してるんです。

ホームページに 出来る限り多くの情報を掲載すること こそ、最も重要な営業活動ではないでしょうか。

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る