TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

バーブワイヤー通信VOL85|マイクロソフトのインターネットエクスプローラーが終わる話

マイクロソフトのインターネットエクスプローラーが終わる話|大阪のホームページ制作会社

今日はちょっといつもよりも
ややこしいITリテラシーを
高めるためのお話を書いています。
なんとなーーーくでも、
理解してもらえると
嬉しいです(*^^)
真面目に書いています!

「マイクロソフトのインターネットエクスプローラーが終わる話」

これ、意味わかります??

実は結構、このせいで
問題が発生する企業は
多いと思います。

うざい!そんなん常識なんじゃ!
というそこのあなたは
今日のメールは無視しましょう(*^^)

マイクロソフトは、言わずと知れた
アメリカの億万長者「ビル・ゲイツ」の
作った会社です。

マイクロソフトは、
パソコンのOS(オペレーションシステム)
「Windows(ウィンドウズ)」
を開発して巨大企業になりました。

Windowsってみなさんは、何気に使っていて、
パソコンたるもの、それが入っていて当たり前、
と思ってらっしゃる方も多いから、
Windowsって聞いたことはあるけど、

「何?」と聞かれたらはっきりと
答えられる人は少ないだろうと
思います。

昔のパソコン(1995年よりも前)は、
パソコンを起動しても黒い画面のまま
だったんですね~

それは、このWindowsが開発されて
いなかったからです。

Windows95というOSが発売されてから、
インターネットの世界は急激に
発展しました。

昔は真っ黒の画面に緑の文字で
「コマンド」と言われる
コンピューター用語を
打ち込むことでしか
コンピューターは動かなかった
のですが、それを、

人が理解できる文字を打ち込むことで
動かせるようになったり、
コンピューターしか理解できない言葉で
命令をする必要がある動作は、
OSが勝手にやってくれるような
仕組みを作ったのです。

それがWindows。

簡単に言うと、そんな感じ。

それを開発したのが「マイクロソフト」
なんです。

他にもOSは様々な人や企業が開発し、
たくさんありますが、世界中で
最も利用されているOSが
マイクロソフトのWindowsなんです。

なんでそんなに売れたのか?
という話は、またの機会にするとして(*^^)、
そのマイクロソフトが開発している
IE(インターネットエクスプローラーが
無くなります。

要するに開発をやめる、ということですね。

今、ご自身の使われているパソコンの

「OSが何で」
「バージョンが何で」
「IEが何か」

がわかっている方は、
このメールを読んでいないと思いますが、
メールを読んでいただいてる方でも、
ちゃんとパソコンを使用する体制が
整っておられる会社さんでしたら、

「OSはWindowsで」
「バージョン10で」
「今はIEではなくEdgeを使っている」

と、お答えになられるかと思います。

3つ目の質問は、明確に名称が言えなくとも、
以前、使っていたちょっと薄いブルーの「e」
のマークのアイコンではなく、
濃いブルーのちょっと「e」の字体が変わったな・・・

ということに気づかれてる
かもしれません。

マイクロソフトは、約25年間開発し続けた
IE(インターネットエクスプローラー)の
開発をやめるわけです。

しかも、IEだけでなく、
Edge(エッジ ※IEに変わる新しく
開発したインターネット閲覧用のソフト
(ブラウザ)濃いブルーの「e」)
の開発もやめるそうです。

何が困るのか?というと
これを使った自社開発の業務システムや、
自社開発で無くとも古い技術を使った
基幹システムを利用したりしている会社さんは、
そのシステムが使えなくなる可能性がある、
ということです。

ちゃんとサポートしてくれる
運用会社さんがついていたり、
社内にシステム管理部門があったり
する会社さんは問題ないでしょうけれども、
そうでなければ色々問題が発生するかと思われます。

IEというブラウザは、
私たちホームページ制作会社にとっても、
システム開発会社にとっても、
結構、鬱陶しい存在でした。

なぜなら、インターネットのことや
パソコンのことをよく知らない人は
IEを利用していることが多いのですが、
技術者には、あまり使い勝手の良いもの
ではありませんでした。

だから、ホームページを作った後、
他のブラウザではちゃんと見えているのに、
IEだけ、もしくはIEの特定のバージョンでのみ
表示が崩れていたりするのです。

他のブラウザでは全く問題が無いのに。
なぜ、IEだけ・・・

そんな存在だったんです。

もちろん、原因を追究して、
他のブラウザの表示はそのままに、
IEだけを修正する、ということを
いちいち対応する必要があった。

面倒くさそうですよね。

そのわずらわしさが無くなります。

しかし、ホームページくらい
であればいいかもしれないけど、
会社の基幹システム、ともなると
そう簡単に改修ができるわけではありません。

そんな問題が、あなたの会社にもやって
くるかもしれません。

IEというインターネットの発展に
大きく貢献した一つのツールが終わりを告げ、
新たな時代へと突入する、
その時がすでにもう始まっている、
という感じです。

この内容、ちょっと興味を持たれた方は、
以下のページもご覧ください。

→ Internet Explorerの終わりとこれからのインターネット

いつもお読みいただきありがとうございます!
来週もよろしくお願いします!!

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る