あの「達成感」をもう一度

今日は私の「心の声」をお届けしてみたいと思います。

 

人間って誰でも「無限の可能性」を秘めているといいます。

  • 猟師は山を見れば「どこにどんな動物がいるか」わかるんだそうです。
  • ソムリエさんは9種の「酸味」を瞬時に判別できるんだそうです。
    ご参考:酸味料の安全性について
  • 熟練の寿司職人は「意図した重さのシャリ」を掴むことができるんだそうです。

向き不向きはあるのでしょうが、
=====================
人間、何年何十年と修行を積むことで、
絶対出来るとは思えないような芸当が出来る
=====================
ようになるということなんです。
人間の能力って侮れないですよね。
そういや私も幼い頃は、毎日のように出来ることが増えていました。
今の私と比較して見ていきましょう。

  • 鉄棒で「エビ上がり」が出来るようになった
    → この前近所の公園で試してみたら、逆上がりさえできなかった。
  • 180度開脚が出来るようになった
    → ストレッチをはじめて1週間。120度開脚が精一杯。
  • トンボやバッタは、自分の思うままに捕獲出来た。
    → 動体視力の低下のせいか、昔、捕獲出来たことが信じられない。

いずれも「だから何?」というようなことばかり。
とは言うものの、当時の私にとっては、何より大事なことばかり。
毎日、寸暇を惜しんで真剣に取り組んだ結果、目標を達成していたということなんです。
来る日も来る日も、

  • ずっとひとつの目的に向かって
  • 何度失敗しても諦めることなく
  • 取り組み続けた「集大成」

ある日突然、出来るようになるんです。

ふと、気付いたこと。

そういや、歳を重ねた今、「自分の限界を超える」という経験が極端に少なくなったなと。
恐らく、昔ほどの「思い入れ」がなくなったのでしょう。
だからこそ「出来ないこと」を「出来ないまま」放置する。
幼き日、毎日のように感じていた
——————————————
「制覇することによって手に入れる達成感」
——————————————
を感じることが出来なくなってしまった。
そんな変化のない毎日を過ごしていると、瞬く間に、時間だけが過ぎ去っていきます。
私は今一度、
==================
あの「達成感」を感じたい
==================
今、心底そう思うのです。

 

そして、幼き日のあの「情熱」は今、
一番多くの時間を費やしている「仕事」に向けられるべきです。

今一度、あの「達成感」を仕事で感じたい。

その為に今、やるべきことは3つ。弊社の「お役立ち」を

==================

  • 徹底的に磨き上げ、
  • 徹底的に訴求し、
  • 弊社の「お役立ち」でお客様に感動してもらう
    ==================
    ということ。

これらがコンスタントに提供できるようになれば、
あの「感動」をまた手にすることが出来るに違いない!
違いない!
違いない!

 

 

 

胸の奥に「熱い想い」を秘め、本日もメルマガをお届けさせて頂きました。
今後とも末永く、よろしくお願い致します。

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。