マスマーケティングの限界

マスマーケティングの限界と、独自性アピールの必要性

 

「マスマーケティングの限界」

 

なーーんちゃって(*^□^)
エラそうな「タイトル」付
をしてしまいました。
すみません。
マスマーケティングの限界。

 

そんな何かしら、記事をどこかで見たのです。
そのタイトルを見て、私は

「ですよねー」

と、すごく共感したのです。
マスマーケティングが限界にきている。

 

これはどういうことか?
 
ひっくり返すと、
ーーーーーーーーーーーーー
もっとちゃんと独自性を伝えて、
直接、個人個人に売り込まなければ
なかなかものは「売れない時代」に
なっているんだ、ということ。
ーーーーーーーーーーーーー

なんだなーと思うんです。
 
そもそも「マスマーケティング」
って、なんだ?って言うと、

ーーーーーーーーーーー
大量に消費される
大量の商品を
大量生産し
大量の広告で発信して
大量の消費者に売る。
ーーーーーーーーーーー
と、まあ、そういうことです。
 
世の中にモノが溢れ、ほとんどの人々が
モノに不自由せずに生きている消費大国ニッポン^_^
 
今や多くの人が捨てることを前提にモノを買う時代。
 
誰でもどこでも
インターネットが繋がり、
何か必要なもの、
欲しいもの、
知りたいこと、
を検索すれば、手に入らないモノは何もない、
 

という世の中です。
 
モノが溢れ、供給過多になっているその事実の裏に、
マスマーケティングの限界がある、ということでしょうか。
 
しかし一方で、固有のこだわりを持つタイプの人にとっては、
カバンひとつ取っても、

「これ!」

というこだわりの逸品がなかなか探せない、
大衆が欲しがるモノしか供給されていない、
 
という事実も、意外に多く存在すると考えられます。
 
わかる気がしますよね。
 
そんなマスマーケティングが限界にきている今の時代、
あなたの会社はどんなマーケティングを行うべきか?
 
独自性を持ち、唯一無二の存在であり続けることこそが、
これからの日本社会の経済をリードし、再生していくのでは?
 
と思っています。
 
そしてまた、弊社も、
そういった唯一無二の
会社でありたいと
日々心から願っています。
 
今週もありがとうございました。
みなさんの意見は、いつでもお待ちしています(*^□^)
 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。