見くびるな!「小さな警告」は「本格的トラブル」の前兆

3週間前の日曜日、テレビを見ていたつもりだったのに、気が付けば夢の中。
30分ほどの軽いお昼寝から目覚めた時に覚えた「腰の違和感」。

  • あれ?前に曲げると腰が痛い。
  • とうとう私も「恐怖の腰痛持ち」の仲間入り?

 

とは言え

  • 大したことないし、
  • 明日には治ってるかもしれないし、
  • 生活に支障はないし、

と、甘ーく考えていました。
翌朝。

  • あれ?腰痛、治ってないぞ。
  • これはやっぱり「本格的な腰痛」の始まりか?

 

とは言え、

  • まだ大したことないし、
  • 明日こそ、よくなるかもしれないし、
  • 歩いたり、座ったりする分にはなんの問題もないし、

と、やっぱり放置することにしました。
さらに翌朝。

  • 腰痛が一向によくならない。
  • やっぱり「歳には逆らえない」ってやつなのか。

とうとう心が折れました。
という訳で、「腰痛 前に曲げられない」でネット検索。

  • 「椎間板ヘルニア」が疑われ、
  • 加齢による「筋肉の弱体化」が原因かもしれないし、
  • 「身体の硬直化」が原因かもしれないし、
  • 日常的な腰に負担のかかる「座席姿勢の蓄積」かもしれない。

ということらしい。

  • まずい。病院に駆け込むべきか?
  • でも、ヘルニアならば痛いはずの尾てい骨は痛くない。
  • この程度の腰痛で、大騒ぎするべきなんだろうか?

明日も痛ければ、考えよう。
さらに翌朝。

  • おっ!改善の兆しが見える。
  • そうだ!改善の兆しに違いない。

その翌朝。
ようやく、腰痛から解放される運びとなりました。

 

***
最近、話題になっている「座り過ぎは死を招く」説。
座りすぎると、血流が悪くなることが直接原因だと言います。

 

 

日本人は、座りすぎ部門で ★★★ サウジアラビアと並んで「世界一」 ★★★

 

  • つまり、「世界一死に易い」筈の日本人。
  • 一方で、「世界一の長寿」の日本人。

実に「興味深い不一致」です。

せっかくなので、私自身を振り返ってみました。

 

大学卒業後、一日中パソコンと向き合う毎日。

  • 一日の「座席時間」が長いことをしっかり自覚。
  • もうかれこれ27年間、座りっぱなし。
  • 加えて、日常的な運動不足もしっかり自覚。

「腰痛の原因」が、やたらと思い当たるのです。

 

  • まずい、いかにもまずい。
  • 腰痛は、人間の自由を奪う。
  • 自由を奪われるのは、なんとしても避けたい。

 

そんなわけではじめた「体感を鍛える1分体操」。
ご参考:1ポーズでOK!ぽっこりお腹を引き締める体幹トレーニング

 

参考ページでは、10秒×3セット。
何かで仕入れた情報によると、推奨は1分×3セット/日。
この情報を組み合わせ、1分×1セットからのスタート。

 

そして、2週間が経過。

  • プチ腰痛は、私への警告。
  • 今、気を付けなければ、今後、酷いことになる。

そう肝に銘じて、毎日続けていく所存です。

 

弊社のホームページ運用も同じこと。
=================
小さな積み重ねが、いつか大きな成果となる。
=================
そう信じて、日々、情報発信に勤しんでいます。

 

なんと!!
ちょっと明るい兆しも見えはじめています♪

 

お暇な折、弊社ホームページ、覗いてみてくださいねー。
なんて、宣伝しながら、今日もお別れです。
また来週♪

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。