TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

技術ある製造業はWEB対策をやるべき

技術ある製造業はWEB対策をやるべき

技術のある製造業(製造業に限らなくてもいいですが、ここでは敢えて、製造業)は、WEB対策を絶対にやってほしいと思っています。なぜなら、日本人の持つ技術力を国内外に知らせてて需要を得る大きな助けとなるからです。

需要を得る大きな助け、という言い方をすると、
「仕事が無くて困っている人が仕事をもらう為に」という風に聞こえてしまいますが、

私はそれだけではなく、日本の技術者としての義務であると思っているのです。

私の父はかつて川崎重工業の造船部門の技術者でした。
父が川崎重工から社長賞としてもらった置物も持っています。
外国に出張しては現地のメディアが、日本人の技術者が来た!と新聞に掲載されていたものです。
もちろん、それは「メイドインジャパン」がブランドの時代です。

大きな会社の造船の技術者だからでしょ。
って思われるかもしれないですが、でもね、よく考えてください。

大きな会社は大きなものを作れるかもしれないけど、それは、小さなものからできています。

例えば東大阪の町工場で作っている小さな部品が、飛行機やロケットの部品になっていたりすることもあるわけです。

実は大阪豊中の「庄内」という町で作っている飛行機の部品

私の知り合いは、大阪豊中の庄内というところで、汚い小さな事務所の一室に、ごみの様に山積みにされた機械のパーツ(鉄くずかと思った)の中から、あるものを私に見せて、

「これ、エ〇バスの部品やねん」

・・・・( ゚Д゚)

って、そんな顔になりますやん?

「エ〇バス」って、エ〇バスって、え・〇・ば・す、って・・・・

あの、エアバス?????

そう、そう、飛行機のな(*^□^)

「試作品つくってって頼まれてん」

めっちゃ笑いました。
そんなことあるんや。
いや、嘘じゃないですよ。
そんなジョークでも、真面目なウソでも言える人ではないんで、その人は。

びっくりしますわー。
そんなん頼まれることあるんですね~~~💦

結構、あるでー。
量産はもちろん、俺らではできへんから、試作品を作ったったらおっきい会社で作るんや。

そんなことを仰ってたと思います。

大手の情報関連機器メーカーもWEBで探す小さな町工場

私のエ〇ソンに働く友達も言ってました。
商品企画部門にいる時に、たまたま食事をしていて

「私、やっぱりWEBってめっちゃ大事なんやなーって最近、つくづく思うねん」

「どうしたん?突然」

「いや、私、今、商品企画部門にいるんやけど、新しい商品を作るときって、いろんな部品が欲しいんやけど、そういう部品ってだいたいそこそこ大きい企業から仕入れるのが普通やねん。でも、そういう大きいところってテスト的な試作品とか、1個だけ作って、って言うても無理やねんな。だから、そういうときって、そんなんを作れる会社をWEBで探すわけ」

「な~る~ほ~ど!!」

そう、そういうことなんですよ。
ちゃんと自社の持っている技術力、商品を、ちゃんとWEB上に発信しておかないと、この
「WEBで探す人」に見つけられないわけです。

もちろん、貴方の会社がそれをやっていなくても、他社で賄えたなら、世の中的に問題はないんです。

ただ・・・私が言いたいのは、私たちがちゃんとホームページを作って、掲載するべきことを掲載したら、突然、問合せが増えたり、思っても無かった大手からの引き合いがきたりする業種が少なからずある、ってことなんです。

いや、正直、私たちの業種「WEB制作」「ホームページ制作」って、腐るほど会社があるわけで、そらーそんなホームページ持っているからって、ちょっとちゃんとサービス説明したからってすぐにみんなに注目されるなんてこと、あり得るわけなくて、超厳しい業界ですけどね。

でも、そうじゃない業界って本当にあるんですよね。
それは、ちゃんとネットの中で状況を調査して、自分たちの業種がどうなのかは確認をするべきです。

もしかしたら、ホームページにちゃんとあなたの情報を掲載したら、突然、知らない相手から問い合わせがあるかもしれないのですよ。

技術を持っている会社はホームページをちゃんとしてください!

特に、日本の製造業は、そうです。
そろそろ、そういうことを理解してきたお会社さんもちらほら出て来られたようですが、正直、私に言わせるとまだまだです。

採用も厳しい。
受注も先細り。
それは、本当に時代のせいなのでしょうか?

WEBってよーわからんし、
なんか騙される気するし、
怖いから、もういらんことしたないし。

そんなことで、貴方の培ってきた技術を絶やしてもいいんでしょうか?
その技術は、社会の為になることは無いのでしょうか?

私は本当に、心底、日本のそういう会社が埋もれていくのが、ホントに嫌なんです。悲しいんです。

今一度、よく考えてみていただきたいです。

と、ここまで書いて、これを読んでほしい方は、きっと自分ではこの記事を見つけることはありません。もし、この記事を読んで、
「あーーー。そういえば、あのおっさんそんなこと言うとったなー、一回この記事読ましたろ」と思うようなことがあったら、

日本の将来の為に(*^□^)
是非、教えてあげてください。

WEBって、本当に有効なんですってことを。

最後までお読みいただきありがとうございました!

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る