弊社ホームページのアクセス状況 2017年 8月28日

アクセス観察日記(2017/08/28)

夏季休暇期間も終わり、日常生活が戻って参りました。
夏季休暇に伴い、低迷していた弊社ホームページへのアクセスも僅かながら復活。ところが、

  • 平均閲覧ページ数:2.63ページ
  • 平均滞在時間  :1分6秒
  • 直帰率     :65.62%

惨憺たる結果です。
トップページの直帰率は47.83%と、褒められた数字ではないにせよ、特段悪い数字ではありません。
上記3つのチェックポイントの数字の悪化は、

  • ブログ記事きっかけでホームページへのアクセスが増えたものの、
  • ブログ記事はホームページ閲覧意欲の起爆剤とはならなかった。

ということを、改めて確認した次第です。

さて、検索結果の順位向上を目指し、試行錯誤を繰り返す毎日ですが、少なからず疑問を抱えています。
直近(8月14日~20日)の検索キーワードの表示回数順 上位20位の一覧です。

ホームページ制作会社である弊社にとって、下記検索キーワードによる表示回数が多いことは、評価すべきことです。

一方で、一部のビックキーワードを除き、42位~94位と人目につかない順位にそっと位置しています。
6月末辺りから、

  • 「ホームページ集客」「Web集客」と言った「集客」絡みのキーワードの順位が急上昇し、
  • それに伴い「ホームページ制作」絡みのキーワードの順位が大きく転落しています。

「集客」に注力して情報発信していると、「集客」関連の評価が上がる一方で、「制作」関連の評価が悪化するのです。

  • ホームページ全体として「一貫した情報発信」が高く評価されることは重々承知。
  • 一方で、「ホームページ制作」と「ホームページ集客」は切っても切り離せないセットもの。

どちらが欠けていても、ホームページをビジネスに活かすことは出来ません。
ホームページ制作に関する順位が維持されているのであれば納得ですが、転落する、という事態に戸惑いを覚えています。

8月21日~8月27日のアクセス状況サマリ

感想と考察

加えて、このGoogleの所業。広告表示の変化をご覧ください。(↓)


当時、「広告」表示は分かりやすく、背景は黄色で表示されていました。
現在、「広告」表示はあるものの、強調されることなく、ひっそりと表示されています。

 

ホームページ業界は激戦区。激戦区であればあるほど、人が特に注目しやすい場所への広告表示が増えます。
それに伴い、通常の検索による検索結果は、どんどん闇に紛れていきます。
現在の「広告」表示形式では、

  • 何が広告によるもので、
  • 何が検索エンジンに高く評価されたサイトなのか、

細心の注意を払って、検索結果を確認する必要があります。
専門家はともかく、検索結果を注意深く見ている一般ユーザーはとても少ない筈です。

「ネットユーザーに価値ある情報を、速やかに届けたい」というGoogleの企業ポリシーとかけ離れているように思うのは、私だけなのでしょうか?

もちろん、Googleにお金を落としてくれる広告利用ユーザーを大事にしなければならないでしょう。
ただ、大事にして許される範囲は「ネットユーザーへのサービス低下を招かない」ことが大前提ではないでしょうか?

 

どんどん検索エンジン対策は難しくなるばかり。
弊社の取組状況実況中継をスタートして半年。こんなにも深い闇が待っているとは思いもよりませんでした。
「ホームページ制作」を一旦捨て、「ホームページ集客」一筋に戦略を切り替えるべきなのでしょうか。

  • 対策はどんどん難しくなる一方、
  • 「悩み」や「疑問」は深まるばかり。

起死回生が訪れるのはいつのことやら。

 

また来週♪

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。