弊社ホームページのアクセス状況 2017年 7月18日

アクセス観察日記(2017/07/18)

先日、朝の情報番組で「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた安居智博さんという方の特集を見ました。
何故、特集されていたのかと言うと、表現方法に少々問題があるような気もしますが、
一般的には「取るに足らないこと」で尊敬されるに至ったという偉業を称えられてのことのようです。

この安井智博さんの正体は、カミロボ(※)の制作者。
下記のサイトをご覧ください。安井さんの代表作がご覧いただけます。
※ カミロボとは:203 「カミロボ異素材軍団大百科 その2」

材料は、給水ポンプに輪ゴムに綿棒、ありとあらゆる身近なものが、見事な作品へと変貌を遂げています。
安井さんのカミロボは、なんとウィキペディアにも掲載されています。
ご参考:ウィキペディア:Kami-Robo

そんな「才能」と「創作意欲」溢れる安井さんにも、「世界が尊敬する日本人100人」になるまでには、長い地道な情報発信があります。それが Kami-Robo というブログ。
このブログで、長年、安井さんの力作であるカミロボを戦わせる動画を継続的に発信。
なんと、30年以上前に作った第一号も、未だ現役だそうです。

もちろん、

  • 価値ある作品である上に、
  • 見てて楽しい、
  • 他に類を見ない唯一無二、

という様々な評価されるべき条件が合わさって、今の評価を得るまでになったことは間違いありません。
一方で、

  • 一人で作り、
  • 一人で楽しんでいただけならば、

この名誉を得ることは出来なかったというのもまた、否定できない事実です。
今回また、改めて地道な情報発信の大切さを思い知らされることとなりました。

7月10日~7月16日のアクセス状況サマリ

感想と考察

毎週お届けしているこの私達の取組みは、始まって4ヶ月半。実はたった4ヶ月半です。
コツコツの「コ」あたりにたどり着いた、と言うところでしょうか。

もっと言うなら、弊社の歴史はたかだか20年。
比べるのもどうかと思うのですが、安いさんのカミロボ制作の歴史は30年以上。

弊社の取組みは、安井さんのように

  • この社会に存在しなかった「新しい価値を生み出す」ほど難しいことは目指してませんが、
  • 大阪の片隅にある「愚直で親身が売りの弊社の存在を知ってもらう」という当たり前を目指しています。

そして、

  • この4ヶ月半、という期間はまだ序章に過ぎないという事実の一方で、
  • 当事者にとっては「諦めたくなる(挫折する)くらい長い時間経過」でもあります。

この相容れない二つの事実。
本格的な「自分との闘い」の幕開けです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。