弊社ホームページのアクセス状況 2017年 6月 26日

アクセス観察日記(2017/06/26)

今週のアクセス実績は

  • アクセス獲得数は、低調でありながらも現状をキープ
  • 一方で、サイト滞在時間がとても短いのが目立つ

という残念な結果となりました。

  • なんらかのキーワード検索による「ブログ記事きっかけ」でサイトを訪れたのに、
  • その後、目当てだったはずのブログ記事に、目もくれずにサイトを去る

という行動をとったユーザーが多かったことが、直接的原因のようです。

ふと、「上記現象が常に発生しているのでは?」という疑惑が頭を過りました。
早速、過去の実績を振り返ってみたところ、

  • 常に、ブログ記事きっかけで弊社ホームページに訪れたユーザーが、即、サイトを去ってしまうわけではないが、
  • 間違いなく「直帰率を上げる原因」となっており、サイトに深く誘い込むことには成功していないことは明らか。

ロングテールSEO攻略、なかなか思ったようにはいきません。

6月19日~6月25日のアクセス状況サマリ

感想と考察

なかなか思うように浮上しないサイトアクセス数。
この現状は、一般的なサイトアクセスの様々な現象を積み上げると、納得せざるを得ない結果です。

一般的な現象とは?

  • キーワードによる検索結果の表示順位
    → ランド検索(社名検索)時、1位~2位に表示
    → ミドルキーワードによる検索時、30~60位をうろうろ
  • 表示順位毎のクリック率(サイトアクセス率)
    → ブランド検索(社名検索)時、20~30%のクリック率(ただし、検索回数が少ない)
    → ミドルキーワードによる検索時、表示回数は多いものの、1%以下のクリック率

この一般的な現象に裏付けられた「論理的なアクセス獲得数」。反論の余地もありません。

  • 物理的は宣伝チラシも配らず、
  • ネット広告も掲載せず、
  • 当然、テレビCMが打てるわけもなく、
  • ただただ、サイト価値を上げる方法を模索する日々。

自然検索でのアクセス獲得は、本当に難しいものだ、と痛感しています。

そんな中、

  • 先週の「ブログ記事のカテゴリ分け」に引続き、
  • 「トップページの見直し」を行いました。

さて、効果はいつ頃現れるのでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。