弊社ホームページのアクセス状況 2017年 6月 19日

アクセス観察日記(2017/03/21)

充分とは言えないまでも、弊社ホームページの発信情報が、ある一定水準を満たしたため、
「ホームページ制作会社」を探す際に用いる「メジャーなキーワード」での露出が増えました。

とは言え、検索結果表示順位は40位~60位をうろついており「根気強く探さないと見つからない」と言うのが実情です。

そんな中、先週 4件 のお問合せを頂きました。リニューアルオープン以来の快挙です。ただし、この現象は

  • 諸手を挙げて喜ぶべきものではなく、
  • 「人間の習性」を改めて思い知らされることになった

出来事と捉えています。

何故なら、この4件のお問合せの内訳は

  • 弊社との協業打診が2件
  • 弊社に対する営業が2件

だったからです。

私が思うに、人間の習性として、

  • 自分がアピールしたい(お金を稼ぐ)場合の忍耐力と
  • 自分がお客様になる(お金を払う)場合の忍耐力は

大きく異なるものです。

だからこそ、現段階では、自分がアピールしたいと思っている方の「忍耐力」があれば、見つけてもらえるレベルに「ようやく到達した」んだと考えています。

これも大事な「目標達成に至る」までに必ず通る一つの現象であるはず、と
このような事象も前向きに捉え、引続き、更なるホームページのブラッシュアップに励みます。

6月12日~6月18日のアクセス状況サマリ

感想と考察

ホームページリニューアルオープンから3ヶ月。
ひたすら情報発信に、躍起になって取り組んできました。

  • 情報整理が必要と思いつつ、
  • でも、もっとたくさんの情報発信が先決だ

と、これまで情報整理を放置してきました。

私が今回整理した対象のブログ記事は全部で65件。今のタイミングでやっておいてよかったと思っています。

  • たかが65件。
  • されど65件。

殆どの記事を自分で作成、掲載しておきながら、

  • 中身を再度確認し、
  • 必要に応じて追記、修正を行い、
  • 分類のためのカテゴリーを考え、
  • 1件ずつカテゴリー設定を行う。

たった65件の記事を対象に、たったこれだけの作業を行うわけですが、案外根気のいる作業だったのです。
65件の記事は決して充分な情報量ではないけれど、いったん65件の段階で整理しておくということは、

  • 見てもらうためだけでなく、
  • 自分自身にとっても

必要なことだと、思い知った一週間でした。
ホームページ上へのカテゴリー一覧表示設定も完了。少しは見やすくなったのでは?と思います。

日々ちょっとずつ改善です。小さな取組の積み上げです。
今後ともよろしくお願い致します。

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。