TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

基礎知識:今更聞けない「ホームページ」と「Webサイト」

ホームページとWebサイトの違い

普段何気なく使っている「ホームページ」、「Webサイト」、「Webページ」と言う言葉。
それぞれ一体、どういう意味なのでしょうか?
本来、どう使い分けるのが正しいのでしょうか?

ホームページとは、いわば「WEBサイト」のことなんです。
本当は違うんですけど、日本では同じものとして使われています。

というのが結論なんですが、
じゃー、ほんとーは、どういうこと?

というのを紐解いてみます。

Webページとは?

調べてみました。
ご参考:Webページとは?(Wikipediaより)

Webブラウザ(Internet exprorer,google chromeなど)で閲覧可能な、ページ単位の文書のこと。
弊社の例で説明すると

トップページ:https://barbwire.co.jp/
会社概要  :https://barbwire.co.jp/prof/
経営理念  :https://barbwire.co.jp/corporate-philosophy/

これらのページそれぞれが「Webページ」と呼ばれています。

Webサイトとは?

調べてみました。
ご参考:Webサイトとは?(Wikipediaより)

簡単に整理すると
一般に「特定のドメイン」の下にある複数の「Webページ」の集まりのこと。
弊社の例で説明すると

トップページ:https://barbwire.co.jp/
会社概要  :https://barbwire.co.jp/prof/
経営理念  :https://barbwire.co.jp/corporate-philosophy/

barbwire.co.jp が「特定のドメイン」であり、そのドメイン配下のWebページの集まりが「株式会社バーブワイヤー」のWebサイトということになります。

ホームページとは?

こちらも調べてみました。
ご参考:ホームページとは?(Wikipediaより)

簡単に整理すると
ホームページの正しい言葉の意味は、Webブラウザ起動時に、初期表示されるページのこと。(Google Chromeの場合)

コンピューター用語としての「ホーム」とは、基準点、標準位置。

キーボードの「ホームキー」を押せば、カーソルが基準位置(先頭)に動きます。
また、キーボードを見ずにタイピングする「ブラインドタッチ」のベースとなる、両手の五指のあるべき位置を「ホームポジション」と言います。

つまり、ホームは基準、標準であり、初期表示ページというのが本来の意味。

ところが、日本で「言葉が一般化する過程」において、
ホーム=家 → 家族の集う場所 → 親密なるものの集合体 のような連想を経て、Webページの集合体である「Webサイト」と同義に捉えられていったたようです。

色々経緯はありますが、日本では、ホームページ=Webサイトと考えて問題ないようです。
同じ意味に捉えられています。

最終まとめ

日本で使われている「ホームページ」という言葉は「Webサイト」と同じ意味。
だけど、言葉だけの意味で言うなら「Webサイト」が正解で「ホームページ」は間違い。
そして、「ホームページ=Webサイト」の各ページが「Webページ」ということです。

「どうでもいいことだけど、今更聞けないこと」のおさらいでした。

読みもの

求人募集

SECURITY ACTION

ページ上部へ戻る