TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

ホームページ集客:「なるほど」と納得してもらうために

情報掲載 価値観 マーケティング

一人ひとり異なる価値観

世の中には様々な「価値観」を持った人がいます。人の価値観ってどのようにして形成されていくのでしょうか?
生まれ育った環境の中で、

  • 両親や先生から教わったり、
  • 友達から自然と影響されたり、
  • 書物を読むことで共感したり ・・・

学校や職場など、共同生活の中で出来た友達や、尊敬する恩師などから影響され、長い年月をかけて徐々に形成されていきます。

その中でも大きな影響を及ぼすのが、個人的に強烈なインパクトを伴う経験

  • 様々な経験の中で抱えた「絶望感」や「ジレンマ」、
  • 「思い上がり」や「優越感」

などを通じて、独自に新たな価値観を形成します。
その価値観は、具体的な個人の行動の発端となり、「ライフスタイル」 や 「生き様」 になって現れます。

人はそれぞれ生まれつき一人ひとり性格が異なります。育つ環境も千差万別。
一人ひとり異なる 「価値観」が醸成されて当然です。
そんな中で、自分の「意見」に共感し、納得してもらうということは、並大抵のことではありません。

自分の意見に納得してもらうコツ

僭越ですが、私が納得するには、こんな条件が必要だなーと思うものを紹介します。

✔自分の 「意見」 を裏付ける「事実」を集める

個人の「意見」ではなく、その「事象」を裏付ける「現象」なり 「数字」なり 「共感者の意見」など、
「事実」による裏付けは強力です。

✔自分の 「意見」 を押し付けず、人の 「意見」 に耳を傾ける

人の「意見」に耳を貸さない人は、周りの人から「ただの面倒くさい人」になり、相手にしてもらえなくなります。

✔「話しやすく」 「受け入れやすい」雰囲気(=人柄?)作り

人間の習性として、「自分の話を親身になって聞いてくれる人」 の話は 「積極的に話を聞こうとする」 ものです。
何事もGive&Takeなんですね。

自分が納得するにはそれなりの「根拠」が必要です。
「共感した理由」なり「納得できた理由」を しっかり説明できなければ、周りの人の賛同を得られません。

ホームページは対面で話が出来ません

ホームページには「受動的」かつ「一方的」というデメリットがあります。
そもそも、対面で話が出来ないので、痒い所に手が届きません。

  • お客様の表情が見えない
  • お客様の話も聞けない
  • だからお客様のニーズも分からない

ホームページ閲覧の痕跡から、類推することは出来ても、本当のことを確認する術はありません。

  • 何に興味を示してホームページに訪れ、
  • 何に失望してホームページを去ったのか?
  • あるいは保留にしただけなのか?

だからこそ、

  • 購買行動における「顧客心理の第一段階」である「興味」を喚起する仕組みが必要であり、
  • ホームページを訪れたお客様を失望させないための「説得力(=魅力)」が必要です。

さて、御社のホームページに、お客様を唸らせる「魅力的な情報」が充分に蓄えられているでしょうか?

魅力的な情報をふんだんに蓄えるとは?

魅力的な情報って、そもそも何なんでしょう?

ズバリ、「御社だけが発信しうる情報」のことだと考えています。ONLY ONE。
そんなのあるわけないじゃん。

  • 確かに目立った「御社だけのONLY ONE」は簡単に見つからないかもしれません。
  • 見つかったところで、誰にも振り向いてもらえないかもしれません。
  • しかも、簡単に見つけられて、簡単に発信できるなら、誰でも簡単に有名になれるし、成功もできます。

ヒントはコツコツ。様子を見ながらコツコツ。これに尽きると思います。
石の上にも三年。気が遠くなるような試みでも、スタートしなければ

  • 明日も明後日も、
  • 3ヶ月後も1年後も、
  • そして10年後も今のまま。

「気が遠くなるような試み」に私たちは挑戦していきます!

 

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る