TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

ホームページ集客:「少しの自信」と「少しの勇気」

月9ドラマの「コード・ブルー」ご覧になっているでしょうか?
「コード・ブルー」はドクターヘリの救急救命を舞台にした医療関係のドラマです。
このドラマを見る度、私は自分自身を振り返り、少し憂鬱になります。

自分自身の存在意義

一言で言えば「自分の存在意義を見失う」感じでしょうか。
私と言う人間は、何の役にも立っていないじゃないかと。

どの仕事が素晴らしくて、どの仕事がくだらない、ということはないのでしょうが、
「医者」という仕事は尊敬に値する仕事の代表格。
医者や消防士、山岳事故や海難事故の際登場する救助隊員、自衛隊・・・
「自分の命を賭して、他人の命を救う」という仕事。

  • 想像を絶する過酷な状況に、来る日も来る日も立ち向かう。
  • 一分一秒を争う絶体絶命の中で求められる的確な判断、そして行動。
  • 毎日が戦場。毎日が闘い。毎日がストレス。毎日が・・・。

過酷さを増すほど、尊く美しい。

  • 私の若き日、そんな高尚な憧れを抱くことはありませんでした。
    毎日楽しく、平和に、楽しく生きていけるものだと思っていたし、そうしていたかったという短絡思想。
  • 遠い昔に、人を助ける側の人間に憧れを抱いていたならば、
    医師となり、誰かを救う意味のある人生を送ることが出来ていたのかもしれない、などと思いを馳せるのです。

もちろん、今の私には人の命を救う知恵も術もありません。

  • いくつになってもチャレンジできるというけれど、
  • 「今からでは遅い」と私が考えている以上、もう遅いこともわかっています。
  • 残念ながら、もう「憧れの私になる」ことは絶対にない・・・。

そんなことを考えながら、コード・ブルーに涙するのです。

悔やんでばかりいられない

自分を卑下していたって始まりません。

  • 今、私に出来ることを考えよう。
  • 今、私が役に立てることを考えてみよう。
  • 今、私が誰かに必要とされる可能性を考えてみよう。

「今の私」に出来ることを真剣に考えてみるんです。
もちろん、ドラマ化出来るような派手なことは何もできません。

  • 誰が見ても感動するような、人の命を救うとか、
  • 誰が見ても憧れるような、大企業を倒産寸前から救うなど、

そんなことは出来ないけれど、私に出来ることもあるものです。
何故なら、人にはそれぞれ、得意なことがあれば、不得意なことがあるから。

偶然か、必然か、私の「得意なこと」を苦手だと思っている人もたくさんいるようです。
この不一致が「私に対する需要」を生みます

 

何もビジネスに拘ることもなく、

  • どんなに小さくとも、
  • 私の得意を活かすことで、
  • 人のお役に立つことが出来る

ということはとても幸せなこと。

歳のせいでしょうか。とてもありがたいことだと、最近しみじみ感じるようになりました。
そうするうちに、私はうっすら自信さえ抱き始めているのです。

自分のエゴで終わらせない

人は誰でも

  • 「誰かの役に立ちたい」と思う。
  • 「必要とされたい」と思う。
  • 「選ばれたい」と思う。

でも、それはあくまで、自分のエゴに過ぎません。
ただ、指をくわえて「役に立ちたい」と思っていても、役に立つ機会はそう簡単にやってきません。

  • 自分など「役に立つわけがない」と思っていれば、きっと誰の役にも立てないし、
  • 「私の得意」に誰も気付かなければ、必要とされることもありません。

やっぱり「人の役に立つ」ためには、自ら歩み寄る必要があると思います。
そして、自分から歩み寄るためには、少しの「自信」が必要だと思うのです。

これぞマーケティング

これが「マーケティング」の原点だと思い当たりました。
何やら、ビジネスに限ってマーケティングを考えようとするから、間違うような気さえしてきました。

  • 自分に自信を持ち、
  • 「私に相談してみて、役に立てるかもしれないから」と、
  • 堂々としていれば、

自然と相談が舞い込みます。

プライベートもビジネスも、所詮突き詰めれば同じこと。
「自信のない人には誰も近寄ってこない」ということに、合点がいきました。

ここで問題になるのが、堂々と自信を持って自分を売り込む方法。
「私はこんなことが出来る凄い奴なんです」と言えば、鼻につきます。
誰もが辟易とし、共感されないし、下手をすれば嫌われてしまうかもしれません。

そんなわけで、

私は自分が得意なことは、自分からその役割を買って出る ことにしています。
自分から買って出た時に、いやがる人って殆ど皆無です。

プライベートでも、ビジネスでも、自分のテリトリーなんて考える必要性は微塵もないと思います。
自分から買って出ることは、

  • 生意気なことでもないし、
  • 出過ぎた真似でもない。
  • たいていの場合は、歓迎されるものです。

マーケティングの行き着く先は、やっぱりコミュニケーション力。
現代社会では、何かとITが絡んでくるので、何やら難しいことのように考えがちですが、

  • 所詮行き着く先はコミュニケーション。
  • 人と人との関係性構築。

この世の中、コミュニケーションに勝るものなし。

  • ホームページがきっかけとなり、
  • 実際にあって、話をして、人間関係を大事に育てる。

弊社もようやく、そんなスタイルが確立されつつある今日この頃。
実りの秋ももう間近。今年こそ、弊社は大きく成長します♪

読みもの

ページ上部へ戻る