お問合せ:info@barbwire.co.jp
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町2-24 江坂プラザビル301

ホームページ制作:制作費用の内訳

昨今問題になっている「宅配業者の過剰労働」。
日本の宅配便が崩壊するのも、時間の問題ではないかとさえ、言われています。
今回も、本題にたどり着くまでの前置きが、少々長くなります。

今朝(2017.05.11)の「羽鳥慎一モーニングショー」を見て

今朝のテレビで、利用者側の問題が取り上げられていたのですが、
自身の行動にもいくつか反省しなければいけない点がありました。

  • 宛先にマンション名を記載していない
    住所さえ記載しておけば、マンション名など必要ないと勝手に判断していたため
  • 宅配ボックスを利用していない
    手続きのはがきを送ったにも関わらず、何かの理由で使えるようにならなかったため
  • 再三にわたる不在
    いつものことではなく、仕事でどうしても帰宅出来ないなどのやむを得ない場合のみ

いずれも、私個人としては正当(?)な理由があり、悪いという認識すらできていなかったことばかり。
即刻改めなければいけません。

更に、私にはもうひとつ反省しなければいけないことがあります。

それは、なんとかして配送料を払わない、もしくは安く済ます、ことに躍起になっているということ。
つまり、配送してもらうことを軽視しているということに他なりません。由々しき問題です。

「配送」について、今一度考えてみる

本来、自ら足を運び、運賃を支払い、時間を使って取りに行かなければいけない。
それを、「たった700円や800円で届けてもらっている」ことを、忘れてしまっているということなんです。
「想像力に欠けている」と言っても過言ではありません。

しかも、私はそもそも、ecoの観点から「運搬、配送」に関して否定的なんです。

  • 遠くから運んでもらうと運搬のためのCO2が発生する
  • 運ぶとなると、段ボール箱に詰められ、余計な資源が消費される

そこまでわかっていて、この暴挙(前述)。反省然りです。

配送料金設定の問題

今の配送料金に「少なくとも再配達の料金は含まれていない」ということに気付いてしまいました。

以前から少しおかしいな、と思ってはいたんです。
日時指定をすると、割増料金を取られる(場合がある)にも関わらず、再配達は、何度でも割増料金を取られないという矛盾。

本来ならば、「日時指定をして 確実に 指定した時間に受け取る」なら、安くなってもいい筈です。
そして、私が日時指定をしないのも、「どうせ、再配達してくれるんだし」という甘えがあるからです。
そういう意味では、業者側の定めた配送料金のルールにも、多くの問題がありそうです。

配送料金自体の見直しも必要ですが、そろそろ「無料の再配達」は、廃止する時期が来ているようです。

人は「サービス」にお金を払おうとしない

人は「配達」という形のないサービスには、お金を払いたくない、という現実に直面しているということでしょう。私の欲しいのは「配達」じゃない。「モノ」なんだ。という主張。

やっと長い前置きが終わり、本題へと移ってまいります。

実は「ホームページ制作費用」も同じ問題を抱えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一回でシュートを決められるのなら、安く出来る。
だけど、何度シュートしてもなかなか決められないのなら、高くするしかない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということ。

形あるものとしてお客様の目に見えるものも、お客様が欲しいものも、最終納品物である「ホームページ」だけ。
その「ホームページが出来上がるまでの経緯」になんて、お金を払いたくはない。

気持ちは痛いほどわかります。

一回で決めることの「難しさ」と「危うさ」

買ったものを届けて欲しい日時を「1回で」決めることも難しいのに、
自分の作りたいホームページのイメージを、一回で伝えきることが出来るのでしょうか?

恐らく、殆どの人は出来ません。
打合せもなしに決める、あるいは1回だけで決めることで、思っていたものとは全く違うホームページが出来上がることになります。

では、ホームページ制作が完了するまでに、どういう経緯をたどるのでしょうか?

  1. 業務内容の聞き取り、必要なページの洗い出しなどを実施
  2. 1回目の打合せ内容にて、ホームページのイメージを作成し、それをベースに検討実施
  3. 2回目の検討内容を受けて、修正案を作成し、再調整を実施
  4. 最終案を作成し、了解を得て、デザイン着手
  5. トップページのデザインを作成し、デザインベースでイメージのすり合わせを実施
  6. トップページの最終デザイン提出、了承を得て、制作開始
  7. 同じく下層ページのデザイン、内容を順次提出、了承を得て、制作着手
  8. 全ページ作成完了後、お客様にて最終確認頂き、納品完了

上記は、あくまで一例であり、打合せはお客様が納得いくまで繰返すことになります。

ホームページ制作会社を選ぶべき基準

「背に腹は代えられぬ」と言います。後悔しないためにも、事前の打合せはとても重要です。
事前打ち合わせ、資料作成にも費用が発生することを、今一度、考えてみてもらいたいのです。

弊社でのホームページ制作は、「お客様が納得いくまで」を前提としているため、
場合によっては、「割高」と感じられる場合もあります。

見えないものだからこそ、入念な打ち合わせが必要である一方で、
見えないものだからこそ、お金を払いたくないものでもある。

「配送料」に同じジレンマを見たような気がします。

 

読みもの

求人募集

SECURITY ACTION

ページ上部へ戻る