TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

ブログ記事投稿:「忍耐力」と「継続力」の賜物

その昔、私の価値観は凝り固まっていました。
「努力」など恰好悪いと。「努力」などせず、素晴らしいパフォーマンスを披露出来ることこそが素晴らしいことだと。

ある衝撃的な事実

「努力などしなくても、人より優れている」ということに価値がある、と信じていました。
「死ぬほど勉強したのに、成績が上がらない」など、恰好悪すぎると思っていました。

ところが、最近少し、私の価値観に幅が出てきました。

  • 今でも「努力などしなくても、人より優れている」ことは、素晴らしいと思う一方で、
  • 努力しても、努力してもなかなかうまく行かない人も「美しい」と感じるんです。

具体的な話へと移ります。私の従妹の話です。

  • 叔母の話では、従妹が幼稚園に通っていた頃、面談の際、「〇〇ちゃんが出来たらみんな出来る」と〇〇ちゃんを判断基準にしていますと、先生に言われたそうです。
  • また、私の妹の話によれば、従妹から直接「私、授業聞いててもなんにもわからなないのよ。みんなはそんなことないんでしょう?」と言われたそうです。衝撃が走った・・・んだそうです。

快進撃の始まり

様々な情報から察するに、彼女に搭載された能力は、お世辞にも素晴らいものではないと思われます。
ところが、彼女には素晴らしい才能が備わっていました。

  • 「自分が周りの人より劣っている(かもしれない)」ことを素直に認める才能
  • 自分が出来るようになるまで、無我夢中で努力するという才能

そして彼女は母親に願い出ます。
「私は学校の授業についていけない。だからお母さん、毎日私に勉強を教えて」と。
従妹と正反対の母親(叔母)は衝撃を受けます。

  • 授業など聞かなくても誰より先に理解できる能力に恵まれ、
  • 世の中を馬鹿に仕切って生きてきた

「なんでこの私から、あんな真面目であほな子が生まれたんやろか?」と信じられない様子。
「努力」とはかけ離れた「天才の叔母」の娘が「超どんくさい生真面目」なのだから、人生何が起こるかわかりません。

素晴らしい「忍耐力」と「継続力」

叔母の意思に反し、彼女の勉強は怠ることなく、黙々と続きます。

  • 小学生になった頃から、毎日、学校から帰宅後、少なくとも2時間の勉強をこなします。
  • 誰に言われなくても、毎日自ら机に向かいます。
  • わからないことがあれば、わかるまで叔母に質問します。
  • 質問されて答えないわけにはいかないから、結局教えることになります。

とうとう、従妹が高校を卒業するまで、叔母の試練は続くことになったのです。その歳月丸12年。

従妹の執念には頭が下がります。

  • 高校は、公立の名門校に無事合格しました。
  • 大学だって、私学の名門校に進学しました。

幼稚園で「出来ない子の代表」で「小学生の授業についていけなかった」彼女が、です。
そんなことを思うと「やってないからできない」なんて言い訳は、なにより恰好悪いではないですか。

  • 「出来ない」のなら「出来ない」ことを認めて、
  • ひたむきに頑張る、出来るまで頑張る、納得いくまで頑張る。

その姿はとても潔いし、美しいし、そして貴いと思うのです。
気付くのが遅すぎるかもしれませんが、今となっては、彼女のことを尊敬して止みません。

仕事に求められる能力

仕事に求められる能力は、業種によって異なりますが、どんな業種であっても、

  • 飽くことなく、
  • 納得いくまで、
  • 遣り続けることが

必要とされます。

彼女は大学卒業後、5年間ほど銀行勤めの後、結婚。今では立派な二人の息子の母親です。
恐らく、母親としても彼女の持ち合わせた「忍耐力」「継続力」は余すことなく発揮されていることと思います。

私の今の任務もひたすら「忍耐力」と「継続力」を必要とします。

  • 安易な見返りを求めず
  • 目指すべきゴールだけを見据えて、ただただ1歩ずつ前に進む
  • 進んでいるのかどうかの確認もままならない

これを「美しい」と感じる境地(自己防衛が働いているのかもしれません)。
しかし、私も立派に成長したものです。

「美しい」だけではない

このブログの継続投稿、「忍耐力」「継続力」が必要で「だからこそ美しい」だけではないんです。

  • なぜなら、絶対的に私の表現力が向上してるんです(また自画自賛?!)。
  • そして、話題も豊富になってきました(自画自賛のオンパレード!!)。

何故、私はそんなに成長したのか(あくまで自己評価)。
世の中の政治や事件、天気に至るまで、

  • 何か「情報発信ネタ」は転がってないものか?と
  • 今まで聞き流していたことを、なんならメモを取りながら聞き取り、
  • 発信の際には、裏付けを取る為、再度ネット検索で情報収集するなど

情報収集に余念がないため、記憶に強く残るのです。
記憶に強く残ることで、引き出しが増える。話題が増える。

  • 当ブログ、真剣に読んでくれるのは弊社スタッフだけであっても、
  • いくら発信しても何の手応えもなくても、
  • 私の成長があるのだから、

結局取り組んでいて、損はありません。
もっともっと、腕に磨きをかけて魅力的になってやります!

 

読みもの

ページ上部へ戻る