TEL受付|平日 10:00~14:00
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-8 田中ビル302

ブログ記事投稿:「誰かのお役に立ちたい」という気持ち

ブログ記事作成のヒント

昨今、ホームページには「継続的なブログ記事発信」が必要不可欠になりました。
というわけで、「ブログを書こう」と思い立ったものの、何を発信すればいいのか、これが大きな課題です。

ブログとは?

ブログとは、インターネット上の日記のこと。
本当はもっと詳しい意味があるがここでは割愛します。※詳しくは→「ブログとは?」

本来、日記とは「秘め事」とまではいかないものの、プライベートな記録であったはず。
今では不特定多数の人に向けた発信のための「ツール」となっています。

このブログが、これほどまでにポピュラーなものになったは、
多くの人が「自分のことをみんなに知ってもらいたい」と思っているからに他なりません。
とは言え、見てもらうためのブログは、何でも好きなように書けばいい!なんてことでもないんですよね。

だって、私たちは有名人じゃないから。
誰も、私たちの私生活に興味なんてありません。

有名ブロガーになるということ

でも、素人の有名ブロガーがたくさんいるじゃないか!

確かに・・・。

実は有名ブロガーさんには、1つの共通点があります。
それは、ずば抜けた「オタク」だということ。
「オタク」と言えば聞こえは悪いですが、言い換えれば「ある道のスペシャリスト」です。

ひとつのこと(自分の大好きなこと)を徹底的に極めている人なんです。

例えば

  • 毎食ラーメンを食べ続ける。
  • 毎食パンを食べ続ける。
  • 用事もないのに、年に200日以上ビジネスホテルに宿泊する ・・・など

人間の本来の欲求を超越するということ

いずれも、並大抵の「好き」では真似出来ないことばかり。

  • 無類のラーメン好きでも、カレーも食べたくなるし、和食も食べたくなる。
  • 無類のパン好きでも、ご飯が恋しい日だってあるでしょう。
  • 旅行は楽しいけれど、やっぱり家の「お風呂」と「お布団」が一番。

そんな「本来の人間の欲求」を超越してしまった「一握りの人」なんです。

本来の人間の欲求を超越してしまった人が、情報発信に命を懸けているという状態。
この二つの条件が、高いレベルで満たされた時、有名ブロガーが誕生する、というカラクリ。

母から娘への「嫌がらせ弁当」

数年前、母から娘への「嫌がらせ弁当」で一躍有名になった ttkkことKaoriさん。
シングルマザーの彼女は、仕事と母親の二足の草鞋で、手の込んだキャラ弁を3年間作り続けてブログに掲載。

実に見事な娘への皮肉を込めた、実に手の込んだ美味しそうなお弁当です。
ちょっとやそっとの覚悟で、3年間休まず作り続けられるものではありません。

ご参考:母から娘へ「嫌がらせ弁当」 意地っ張りな3年間の軌跡、一冊の本に

どうでしょう。真似できますか?
ちょっとした思い付きやら興味では、絶対「出来ない」し、絶対「続かない」。

一般人のブログ記事発信のヒント

じゃー、どんなテーマでブログ発信したらよいのだろう?
「興味が沸く」「また読みたい」と思う情報を発信するということ。
やっぱりレベルは高いけれど、下記ブログはお手本になります。

ご参考:CITYBOY.ME

※ もちろん、これと同じレベルを目指そうということではありません。

その中でも私のお気に入りはこれ♪
ジャニーズオタクの彼女を「彼氏オタク」にするために頑張った

彼は独特の感性を持っているだけでなく、

  • 行動力があり、
  • 文才もあり、
  • 調査能力も高い

とりわけ、「自虐」と「自慢」のバランスが素晴らしい。
彼にはある種の「中毒性」があります。

もちろん、
ビジネスとして発信するブログ記事に当てはめることは難しいし、
普通の人には思いつかない「テーマ設定」のセンスが必要であり、
そこに費やされる手間と時間は膨大です。

実現に向けては大きな困難を伴いますが、彼のブログには2つのヒントが隠されています。

  1. 新たな視点を提起する(興味喚起)
  2. 情報発信のための準備を入念に行う(緻密な計算)

大事なことは 喜ばれる「御社ならではの情報」を、コツコツ発信し続ける ということ。

とはいいつつ、ビジネスブログ記事の発信なので

  • ぶっ飛んでる必要性はありません。
  • 笑い転げる必要性もありません。

必要なのは「誰でも知ってる当たり前の情報」ではないということ。
なによりも大事なことは「読みやすい」「わかりやすい」ということ。

ユーザーに喜んでもらいたい、という気持ちで
「喜んでもらえる」ようになるまで、諦めることなく発信し続けましょう。

読みもの

求人募集

ページ上部へ戻る