お問合せ:info@barbwire.co.jp
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町2-24 江坂プラザビル301

コンテンツマーケティング、今始めれば、今とは違う、一年後。

コンテンツマーケティング、今がチャンス!|コンテンツマーケティング、今始めれば、今とは違う、一年後

コンテンツマーケティング、聞いたことはありますか?
WEBマーケティングで集客を試みようと、思っているあなただったら、一度は聞いたことがあるはず。


聞いたことがなくても、ホームページでどうにか集客できないか?と思っているあなた。



コンテンツマーケティングは、地道な努力が必要だけども、何もそんなに構える必要はありません。


タイトルに記載したように、とにかく、今始めれば、今とは違う一年後が待っている、という、それがコンテンツマーケティングの素晴らしさです。


そもそもコンテンツマーケティングってなに?

コンテンツマーケティングというのは、広義から狭義まで様々な定義がありますが、難しいことは「コンテンツマーケティングとは?」などでググっていただくとして(;^ω^)


あ、いや、一応、リンクも貼っておきましょう。
「コンテンツマーケティングとは?」検索結果


それは、それで気になる方は、しっかり読んでいただくとして、ここでは極力簡単に、そして比較的、着手しやすいことで説明してみたいと思います。




コンテンツマーケティングとは?

————————-
1.自社の顧客になるであろう潜在顧客が興味のありそうな、そこそこ濃い内容のコンテンツ(ブログの記事と考えてもいいと思います)を、いろんな角度から、自社が求める潜在顧客を想定して発信(ブログを投稿)する。

2.その中のいずれかの記事を見た潜在顧客が御社のことを知る。

3.その潜在顧客は、他の記事も見ているうちに、御社のことを少しずつ深く知っていくようになる。

4.そもそも、その潜在顧客は、御社の商品・サービスに興味があることで、いずれ問合せをしてくる(ために、ホームページ内の製品サービス情報もわかりやすくしっかり説明が掲載されている必要があって、問合せもしやすい状況になっておく必要があります)。
————————-


と、かんたんに言うと、こんな感じでしょう。
正確には、これはコンテンツマーケティングを広義でとらえた時に、その中のひとつである、「コンテンツSEO」と言われる手法であり、それにあたると思うんですが、ここでは、話がややこしくなるんで、コンテンツマーケティングのひとつととらえていただければよろしいかと思います。


というわけでコンテンツマーケティング、要するに「ホームページで集客をするためのひとつの手段」ということですよね。


でも、これ、実は王道なんです。




今でこそ、コンテンツマーケティング、という言葉がはやっていますが、実は、このマーケティング手法については、SEO対策などが流行りだした2005年くらいから言われています。
※本来、Googleがみんなに対応してほしかったことは、いわゆる流行って廃ってしまったSEO対策ではなく、こちらのことだったんですよね。なので、この手法は今、ものすごく有効です。




今、この記事を読まれているあなたは、「ホームページで集客する」ということを聞いたことはあるけど、本当にそんなことできるの?


最近よく聞く「コンテンツマーケティング」ってなんなの?


そう思っておられると思います。


ホームページで集客する、の意味を想像する

実際ホームページから集客することは可能なんです。
でも、だいたいの方が、ホームページがどうやって集客になるのか、その流れが想像がついていないというのが実際のところかと思います。



弊社には、このコンテンツマーケティングを顧客と一緒に二人三脚で行う「WEB活用支援サービス」と「任せてガッチリWEB活用プラン」という2つのサービスを展開していますが、なんとなく理解しているし期待しているからこそ、このプランにお申込みいただき、実際に運用し始めて、早い方で3ヶ月~半年くらいで、効果を感じることで「ホームページから集客する」のイメージがやっとできてくる、という方がほとんどです。



でも、1年くらい経過してやっと理解できた!
なるほど!
となる方もおられます。
なるほど!は、

確かにホームページを見て問合せしてくれるんだ!と言うことをまず、実感し、
そして、それが成約する、と言う現実を経験する。

ここまで行くと、やっと、なるほど!となって、WEBからの集客の意味を理解します。



要するにテレアポとか、飛び込みとか、その他の営業手法とは違うルートで新規顧客を獲得できることを身をもって知るわけです。



もちろん、営業手法はあればあるほどいいという企業さんは、費用対効果も考えつつ、すべての手法を使って営業するのが良いと思います。

しかし、コンテンツマーケティングは、効果が発生するまでに多少時間がかかりますが、発生しだしたら、そのうち宣伝費用をほとんどかけずに集客が継続するようになります(「時々のテコ入れ」=「記事の見直しやホームページの内容そのものの見直しなど」は必要です)。



想像できますか?


1.自社の潜在顧客が興味を持ってくれそうな自社のサービスのことについて何か記事を書く
2.それを潜在顧客が御社の記事だと知らずにネット上の一情報だと思って見に来る(売り込まない)
3.記事を読んで、なるほど!と思ってくれる(思わせる記事である必要がある)
4.何度か同じような行動を潜在顧客が行ってその中でいくつかの御社の記事を見ているうちに
5.問合せに繋がる



この流れです。



たった1記事で問い合わせにつなげられることも実際ありますが、それはプロが様々な業界やユーザー調査を含めた調査を行い、練りに練って設計した内容で、様々なことを検証した上で書いた懇親の1記事であればこと、たった1記事でも効果を生む可能性もありますが、素人ではなかなかそこにたどり着きません。



なので、それなりの記事をとにかく潜在顧客が「なるほど!」この会社の記事、わかりやすいし便利だな、と思ってもらえるような内容をたくさん書き続けること。
これが、とても重要なのです。




先ほどの「想像できますか?」のところの「2.」ですが、ネット上の一情報だと思って見に来る、と書きましたが、そんなに簡単に記事は見てもらえません。なぜなら、みなさんご存じだと思いますが、ネットで検索した時に検索順位がかなり上位(少なくとも1ページ目、実際には1位~3位くらい)でないと、まず、見てもらえないんですよね。



ここが問題です。



この検索結果の順位が上がるためには、


・質の良い記事
・情報の量


この2つの条件が揃っていなければならないのです。



ただし、これを考えると当初は、記事を書くことができません。
考えすぎて、よくわからなくなって、また、再び書かない日々への突入です。



その繰り返しはもう今すぐやめましょう。



とにかく書く。
書いてみる。
自分を信じて書いてみる。



それでも続けられないならご相談下さい。
私たちは、素人の方が継続できるように記事を書くお手伝いを行っています。



どんな記事を書けばいいのか?ネタ作りの方法も以下の様に発信しています。
それでも、一緒にやってもらわないとできない、と思っておられる方は、一度、ご相談下さい。
※ただし、御社のことを詳しく書く、というお仕事ですので丸投げは無理です。上位サービスでも、ヒアリングにお答えいただくお時間だけは都度、確保していただく必要があります。


今がチャンス!違う一年後を手に入れる。

ホームページでもお店でも会社でも商品やサービスそのものでもなんでもそうなんですが、何かを他人に認知してもらって、モノやサービスを購入してもらおうと思うと、なんらかの形で宣伝をする必要があります。



その宣伝手法はどんな企業さんも日々考えておられると思います。
その宣伝手法のひとつにコンテンツマーケティングを加えておくべきだと考えています。



  それも、今! 今こそは!



なぜなら、現在、コロナ禍で大変なことになっていますよね。
経済へのダメージは相当なものです。
今良くても、なんらの影響を受けない企業は無いのではないかと思っています。
今、大丈夫でも、明日はわかりません。
営業をストップするということは、会社の息の根を止めるのと同じことと言われています。




コロナ禍に突入して、既に一年以上が過ぎました。
今現在、今までの営業市場とは何かわけが違う…今までの方法が通用しない、そう思っておられる中他の手法を見いだせずに思考停止状態の方も多いと思います。




あらゆる意味で停止する前に、とにかくすぐに着手できるのがこの、コンテンツマーケティングと言えるかと思っています。



もちろん、すぐに結果が出るのでは?と思っているやり方も同時進行で、考えられることすべて手を尽くしてやるのが、まさに今、だと言っています。



なので、コンテンツマーケティングもまさに「今」だと思っているのです。



しかし、今始めれば、今とは違う1年後が待っています。

弊社のお客様でも、なんらか結果が出るのに1年かかったお客様はおられません。



しかも、完全にWEBからの集客で、1案件、数千万円~の案件を年に何度も受注している企業さんもおられます。



弊社のコンテンツマーケティングサービス、「任せてガッチリWEB活用プラン」はこちらから!
*資料ダウンロードしていただけます。





読みもの

求人募集

SECURITY ACTION

ページ上部へ戻る