最初が「絶対」肝心、ホームページ制作の流れ

ホームページ制作の流れ|ホームページ制作するだけじゃない株式会社バーブワイヤー

モノづくりの工程は、作る前の事前肯定がとても大切です。
恐らく、全てのモノづくりに当てはまることだと思います。
特にIT業界の特徴として、出来上がりが見えません。サイト制作、アプリ開発、システム開発、全てにおける共通点です。出来上がりが見えないからこそ、モノづくりの前の入念な「企画」「設計」が必要となります。残念ながら、サイト制作の場合、この企画、設計を軽視される傾向にあります。
ホームページの企画、設計とは、「ホームページ制作・運用計画」を制作会社と共有する作業、と考えて頂くとわかりやすいかもしれません。
・ホームページを制作(あるいはリニューアル)する目的
・誰に対して、何を、どのように訴求していきたいのか?(具体的発信内容)
・ホームページ完成後のホームページ活用計画

これらが明確になっていない状態で「とりあえず作り始める」ことが多いものです。その結果、全く予期していなかった「使えないもの」が出来上がる、という不幸を招くのです。
出費の伴う制作依頼だからこそ、ホームページ制作の生命線ともなる「ホームページ制作の流れ」をしっかり確認しておきましょう。

① 事前調査

お客様の業界を対象とした市場調査を事前に行い、業界動向、競合調査にて「当該業界の概要」を把握

② ヒアリング

ホームページ制作 ヒアリング事前調査結果を踏まえ、会社として抱える課題、目論見、ホームページへの期待、会社の独自性、優位性など同業他社との差別化要素を抽出

③ ユーザー分析(ユーザー属性ニーズ分析)

ホームページ制作 ユーザーニーズ調査・分析

ヒアリング内容をベースに、ターゲットユーザーを定義。必要に応じて特徴、趣味嗜好、行動特性を細かく定義

④ 企画・提案

ホームページ企画提案事前調査、ヒアリング、ユーザー分析に基づいて企画提案書を作成し、提案と共に見積り金額を提示致します。

提案内容、見積り費用に問題がなければ、契約締結となります。

ここまでのフェーズが最も重要であると考えています。なぜなら、正確な現状分析と、分析に基づく戦略立案で、「明確な戦略を有したホームページ」の土台が完成するからです。

充分な情報共有なしに、お客様のニーズを満たすホームページ制作は不可能です。

⑤ 目標設定

ホームページに期待する目標を設定する契約締結後、「ホームページに期待する目標」をお客様と弊社で共有し、目標達成に向けたスケジュールを作成の上、お客様と二人三脚で目標を目指します

⑥ 制作着手

これらがすべて明確になった上で、ご納得いだだきましたら、制作着手金をお支払いただいた後、ホームページ制作に関するデザイン、コンテンツ作成などの作業に着手します。適宜、デザイン、コンテンツ、サイト構成をご確認頂きながら、制作を進めていきます。ホームページ制作開始

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。