ホームページ制作:迫りくる脅威に背中を向けないということ

昨今、世の中の常識が様変わりしています。
個人的に「テレビ業界は盤石だ」と勝手に思いこんでいたのですが、そのテレビ業界にまで 陰り が見え始めました。原因はネット配信番組。

ネットを甘く見ちゃいけない

最近ニュースになっていた「米トイザらスの破綻」。
誰もが「まさか!」と耳を疑った筈です。

子供にとって「夢の国」 トイザらス。

  • 色んなおもちゃを目で見て、
  • おもちゃを実際に手にとって、
  • 「あれも欲しい」「これも欲しい」

と束の間、思いを馳せるそんな空間。そんな子供の思い出さえも奪ってしまうネット社会。

何から何まで、一日中パソコンの前に座っていたら、なんでも完結してしまう。

  • なんと、味気ない
  • なんと、人情味に欠ける
  • なんと、面白みのない

世の中になってしまったのでしょうか。

そして今、テレビさえもネットに凌駕されようとしています。
その結果、一体何が起こっているのかと言えば、テレビ番組の質の低下。

これまで、「数社のテレビ局が提供する番組」に出資していたスポンサーが、

  • 数多のネット配信会社に、宣伝のための資本を分散出資し始めた結果、
  • テレビ局は資金難に追い込まれ、
  • お金がないから、思い切った番組作りが出来ず、
  • テレビ番組の品質が低下し、
  • 視聴率低下を招いてしまう。

この「負のスパイラル」から抜け出せません。

ドラスティックな価値観の変化

私の推測の域は出ませんが、

  • 豊富な資金を武器に、番組制作に 湯水の如くお金を費やしてきた テレビ局各社には、お金をかけずに(いろんな意味で)、高品質の番組を作るノウハウが蓄積できなかった 背景があり、
  • 一方で、相対的に資金のないネット配信会社には、これまでのテレビ業界にはなかった、斬新なアイデアや、お金をかけずに楽しませるノウハウが不可欠だった。

この状況を見る限り、この勝負の優位性は、やはりネット配信会社にあると言わざるを得ないでしょう。
これまで、有名な俳優さんや、芸人さんなど、ネット配信番組になど見向きもしなかった人までが、「テレビ番組の魅力の低下」に従い、ネット配信会社に傾倒していきます。

最近よく見かける 明石家さんまさんのNETFLIXの宣伝 に強調されるように。
ご参考:人間、明石家さんま。「NETFLIX」の話

圧倒的な宣伝効果を誇示し続けてきた テレビ業界に訪れたはじめての試練
インターネットは今後、どのような進化を続けていくのでしょうか。

ユーザーにとっては、大きく拡大した選択肢。
今はまだ、ネット配信番組をテレビで宣伝しています。
さて、今後どうなっていくのか、見ものです。

迫りくる脅威

進化を続けるインターネットの世界。
「ビジネスの在り方」さえ、覆してしまう。
業界によらず、常にアンテナを張り巡らし、対策していなければ、すぐに廃業に追い込まれてしまいます。

私だって目まぐるしく変化する「トレンド」に振り回されたくなどありません。
ただ、「目まぐるしく変化するから」とただ傍観していたら、すぐに取り残されてしまいます。

  • わからなくても、苦手でも、好きじゃなくても、
  • とにかくまずは「人並みに」ついていく。そんな気持ちが大事だと思います。
  • 「負け戦」とわかっていても挑む気持ちが、こんな世の中だからこそ大事だと思うのです。
  • 「ネットの世界はわからないから」と諦めていては、先はないと思うのです。

ネットに身を置く第一歩は、

  • ホームページ制作であり、
  • FACEBOOKやTwitterの開設であり、
  • ブログ開設だったりするわけですが、

一方で、

  • ホームページを作ればいいというわけではないし、
  • ただただ、一生懸命情報発信すればいいというわけでもない。
  • 〇〇して、××すれば、必ず成功する、という法則もない。

そういう意味ではインターネット攻略は「ないない尽くし」。
確かなことはひとつだけ。「チャレンジしないと何も変わらない」ということだけ。

それだけでも「取り組む価値」があると思うのです。
迫りくる「脅威」に背中を向けない勇気を持とうではありませんか!

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。