お問合せ:info@barbwire.co.jp
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町2-24 江坂プラザビル301

WEBサイトリニューアルで失敗しない! WEBサイトをビジネスの成果につなげる方策とは?

WEBサイトリニューアルで失敗しない! WEBサイトをビジネスの成果につなげる方策とは?|ニッチな製品やサービスでBtoB事業を展開する中小企業に効果の高いホームページを提供しているホームページ制作運用活用会社バーブワイヤー

こんにちわ。
ニッチな製品やサービスでBtoB事業を展開する中小企業に効果の高いホームページを提供している(株)バーブワイヤーです。



WEBサイトのリニューアルで、絶対に失敗しないために何が必要かというお話です。
WEBサイトはビジネスで成果を出さねばなりません。
そのために、リニューアルの時、どんなことに注意をするべきでしょうか?



まず、弊社では、WEBサイトのリニューアルのご依頼をいただいた際、WEBサイトをリニューアルする、と、決定した理由に注目します。


「なぜ、リニューアルするの?」ということですね。


======
・コンテンツが増えすぎて、メニューが探しづらくなった
・新しい事業内容を追加したいけど、今のサイトに追加しにくい
・デザインを刷新したい
・他のサイトを見てうちのもどうにかしたくなった
・WEBサイトから集客を狙うため
・社長が変わった

など。
======



会社によって、WEBサイトのリニューアルの理由は、様々です。
しかし、理由は良いとしても、WEBサイトのリニューアルにおいて、絶対に忘れてはいけないのは、


その「目的」です。


明確な目的がなければ、リニューアルに着手してはいけません。うっかり目的なしに着手すると、結果、前と同じレベルのホームページになってしまいます。



WEBサイトは、当然のことながらリニューアルにもお金がかかります。
それは、大体の場合、広告経費です。
広告経費は、会社として必ず回収せねばなりません。
また、回収した上で、利益に繋げることで、次回の広告経費を捻出でき、会社はそうして存続していきます。




そんな大切な、「リニューアルの目的」ですが、


多くの場合、蔑ろにされがちです。


蔑ろにされたり、これが目的であると思っていたものが、実は、本当の目的ではなかったりすることも多いです。


目的を決定したら、それを紙に書き出して、更に、「この目的の目的は何か?」を検討することが重要です。


最終的にホームページをリニューアルして達成するべき経営目標や、事業目標などが明確に見えてきます。




「目的の目的」つまり「本当の目的」を社内や、また、ホームページの制作会社と共有できていなかったりすると、ホームページのリニューアルは、絶対にうまくいきません。


せいぜい、いい感じのホームページが出来上がって終了してしまいます。



でも、企業のホームページならば、それで終わらせないでください。
それは、失敗でしかありません。




ホームページリニューアルの成功は、


「明確な目的」


です。





目的が明確であるなら、
誰をターゲットに、
何を訴求して、
どんな結果を得るべきだ、



と言うことが自ずと見えてきます。



しかも、



そのホームページで得られた結果が、会社内でどう処理されるべきかも検討することになり、収益が上がる仕組みができ上がっていくのです。



営業を今まで積み重ねてきた企業は、ホームページから得られる問合せなどを収益に変えていく仕組みをすでに持っている企業も少なくありません。



そういった企業は、ホームページから得られる問合せを増やす、と言うことが重要となり、また、更に突っ込むと、その「問合せ」の確度を希望のものに近づけることが、更なる収益拡大に繋がります。



リニューアル時にきちんとそういった流れを設計し、企画・計画してリニューアルを実行し、更に、対策を継続し続けることでホームページのリニューアルは間違いなく成功できるのです。



しかし、その設計し、計画したものを実行する際に、様々な問題に直面します。



例えば、目的が「集客」である場合に、リニューアルを行なったのち、まず最初に多くの営業目的のメールが問合せから増えてくることになります。



ホームページの対策が上手くいきかけるときに、多くの会社が直面する「ホームページリニューアル後あるある」です。



これは、基本的に無視して問題ないと考えています。



営業メールは鬱陶しいかもしれませんが、インターネット上で、あなたの知らない人にあなたの会社のサイトが認識され始めたと考えても良いと言えます。
また、逐次返信をする必要はありません。




そして大切なのは、ここでホームページに期待することを諦めてはいけないということです。




この後は、アクセス解析を見て、分析をしながら、ターゲットと想定している人が、サイトを見にきてくれるように仕向けていくことができるのです。




アクセス解析を見て行うべきことは、WEBサイトの部分改修と、情報発信です。




この二つをアクセス解析をしながら進めていくと、必ず角度の高い問合せが入ってくるようなってきます。



地道な作業ではありますが、非常に確実な手法です。



しかし、問題は計画を推し進めていくにあたって、他にも発生します。



ーーーーーーーーーー
例えば、発信するべき情報のネタが無い、という問題。
また、担当責任者が兼務でできるレベルを超えてきて手が回らなくなる問題。
担当者がやめてしまう問題。
技術部門が協力してくれない問題。
など。
ーーーーーーーーーー




まだまだ、書き出すとキリがないので、やめておきますが、
企業がホームページをうまく活用するようになるその道中は様々な問題が多発します。


しかし、これらをうまく処理して前に進んでいる企業だけがWEBサイトを本当に活かして収益を上げている会社なのです。



WEBサイトでの集客は誰でもできる手法ですが、決して簡単に進められるものではありません。
また、素人だけで成功する事例も無くはないですが、私たちの様なWEBサイトの有効活用について専門の知識を持った専門家の支援を受けて進める方が、よほど効率的で費用対効果も高いのは間違いの無い事実です。




もし、ホームページのリニューアルをお考えであれば、まず「目的」をしっかり明確にすることと、私たちの様なWEBサイトの有効活用について専門知識を持っている業者に相談するべきだと考えています。



読みもの

求人募集

SECURITY ACTION

ページ上部へ戻る