好きこそものの上手なれ♪

本日は、少し趣向を変えてお届けしてみたいと思います。
実は最近嬉しいことに、このメルマガに応援メールをくださる方がいます。
先日のメルマガでお伝えした通り、このメルマガ配信は「ダメ元」でスタートしています。

 

それなのに、
=======================
実は毎週楽しみ(?)は言い過ぎにせよ、
ちゃんと読んでくれている方が、
複数人、いらっしゃる
=======================
らしいのです。

 

その中のおひとりから、あるリクエストを頂きました。
=======================
・お酒のあてに関する情報
・休日の過ごし方に関する情報
=======================
このような情報だと興味が沸いて、ついつい読んでしまう、と。

 

実は私、「メルマガのネタ探し」には苦労しており、、
この「甘い誘い」に乗ってしまおう、と思い至りました。

 

というわけで、
===============
今日のテーマはワイン
===============

 

リクエストのあった「お酒のあて」の前に、「お酒」の話でスタートです。

 

私の本格的なワインデビューは約20年前。
=====================
あるフレンチレストランのソムリエさんと仲良くなり、
近所の酒屋のワインアドバイザーの店長とも仲良くなった
=====================
ことがきっかけです。

 

それまで、「お酒」は私にとって
=====================
・「酔うために飲むもの」であり、
・「香り」や「味」を「お料理と一緒に楽しむ」には程遠い状況。
=====================

 

そんな私が、「ソムリエ」と「ワインアドバイザー」という
最強の「情報収集源」を携え、どっぷりとワインにはまっていったのです。

 

とは言え、

  • ソムリエに習い、
  • ワインアドバイザーに勧められ

ワインの価格は高くなる一方。

 

その当時の私の1ヶ月の酒代は・・・
そんな毎日を送るうち、ワインの味を覚えていきます。

 

そして、たどり着いた境地。
=====================
高いワインにも「好き嫌い」があり、
リーズナブルなワインにも「好き嫌い」がある。
=====================

 

私の所得の許す「ぎりぎり」迄、ワインに費やした結果、
今では自分の好みにあった美味しいワインを、
===============
1,500円前後で、殆ど失敗することなく、買い求められる
===============
までに成長しました。

 

 

つい最近、私のこの「成長の軌跡」を
最近、お気に入りのワイン販売店の店主に披露したところ、
—————————————–
「ワイン愛好家」として正しい育ち方をしている
—————————————–
んだそうです。

さらに、私の編み出した「全く知らないワインの購入方法」
=====================
それは、「ラベル買い」
=====================
これも、理論的に正しい行動だというんです。

 

何故なら、ワイン醸造家にとってのマーケティングは
=====================
「ラベル」のみ
=====================
あとは、売り手にワインの販売を委ねるしかないんだそうです。

 

つまり
=====================
「ラベル」に共感を覚える、ということは、ワイン醸造家と同じ感性
=====================
を持っている。だから、失敗しないんだ、と。

 

私は実感したのです。
まさに「好きこそものの上手なれ」だと。

 

そう、何事も好きな人に勝るものなし。
何を隠そう、弊社には、
=====================
「Webオタク」の社長
「ITオタク」のシステム開発責任者
そして、「ワインオタク」の私(?)
=====================
がいます。だから、安心して何でも相談してください。

 

そして、弊社では
=====================
・随時ホームページの見直しを行っています。
・随時、新しい記事を発信しています。
=====================
そんなわけで、弊社ホームページを、是非、ご覧ください♪
今後ともよろしくお願い致します。

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。