バーブワイヤー通信VOL52|★ ホームページの活用を極める!設定するべき6つの数値目標とは ★

ホームページを活用するために目標設定するべき6つの項目|ホームページ制作会社 バーブワイヤー

 

新年度が始まり、嬉しいことに、

弊社の

「ホームページ活用支援」

をご利用くださる企業様が増えました。

 

そこで、今日は、

ホームページを活用するために、
設定するべき数値目標の項目について、
お伝えしたいと思います。

 

設定するべき6つの数値項目は

 

「セッション数」
「コンバージョン数」
「ユーザー数」
「平研滞在時間」
「ページ閲覧数」
「直帰率」
最低でも、Googleアナリティクスで
この項目の数字だけを毎月追っかけるだけで、
だいたいのホームページの価値や
運用の方向性が正しいか正しくないかが
見えてきます。

 

そして、その数値を追っかけることに慣れてきたら
次は、それらの項目の目標数値を設定します。

 

目標は、大きすぎても小さすぎてもいけません。

 

現状数値の115%から120%、
くらいの目標数値が適当だと考えるのが良いでしょう。

 

2割増えると、世界が違って見えます。
しかし、頑張る度合いはそんなに激しくない。
めちゃくちゃ頑張らなくても達成できる度合です。

 

ただし、本来は会社として全体の目標や
年間の予算があるのであることが多いと思われますから、
そこから逆算することも大切です。

 

しかし、ホームページを活用して行こう!
となってすぐに簡単に何かの結果を出せるほど、
ホームページの活用は簡単なものではありません。
簡単ではないからこそ、
しっかりと対策して行くことで、
会社の財産ともなり得るのです。
さて、数値目標を設定するべき項目を6つ出しました。
実は、上記にあげたこれらの項目は
【Googleアナリティクス】をよく知らなくても、
誰でも割と簡単に確認することができます。
基本的に 【ユーザーサマリー】
という画面に出ている数字ばかりです。

 

この6つの数値は、
みな、同じ割合で変動するかというと、
そうではありません。

 

セッション数が伸びているにもかかわらず、
コンバージョン数が伸びないことは、
よくあることです。

 

その場合は、
サイトの中身に何かしら問題がある、
あるいは、
アクセスしてくる人が、
そもそもターゲットからずれている、

 

という、大きな2つの可能性が考えられます。

課題を発見できるというわけです。

 

例えば、セッションが伸びている、
ユーザー数も伸びている

が、

直帰率が上がっている
コンバージョンも増えていない

 

という場合、
どういう課題が考えられるか?
これらの数値を見ていることで、
現状や対策後の課題点を発見、
推測することが可能となり、
対策に無駄がなくなります。

 

ホームページを活用するなら、
まず、Googleアナリティクスで、
この6つの数値をチェックし、
この6つの数値の目標設定をするところから、
はじめてみましよう。

 

今日は、気合入れて「真面目」
に話を書いてみました。

 

この続きもぜひ、継続して書いてみたいけど、
いつ書くかは未定です(*^□^)

 

◆ややこしいから一緒にやってほしい、
また、
◆「いや、全然意味が分からんけど、
やった方がよさそうやからお願いしたい~」

 

と仰る方はいつでもご連絡下さい(*^□^)
お電話でのお問合せは、平日の10時~14時まで
メールでのお問合せは、

お問合せ


から、いつでもどうぞ♪
今週もありがとうございました!
また、来週もよろしくお願いいたします!

 

 

全く関係ない話ですが、
先日、facebookのマークザッカーバーグCEOが、
個人情報流出の事で、
「経営者の自分の責任だ」
と、会見できっぱり言い放っていましたね。
http://www.bbc.com/japanese/video-43721360

 

昨今の国内での事件の解決が
もやもや、もたもたする中だったからか、
問題は大きな大問題ではあるが、
きっぱりした会見の様子だけ見ると
立派だなーと思ってしまった。

みなさんはどう思われるでしょうか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。