バーブワイヤー通信VOL51|★ 社長の周りで仕事をする人に求めらる事 ★

社長の周りでWEB制作|ホームページ制作会社 バーブワイヤー

 

先週のメルマガは、実はこっそり、
50回を記念したんです。
  ## 祝!! 50回発行突破ぁ~ ##

       パチパチパチパチ~
今日は、プレジデントOnlineで朝から読んだ、

「社長の周りの仕事術」っていう内容について、
ちょっと思ったことを書きたいと思います。
ホームページの事じゃなくってすみません。

でも、ホームページにも関わるかなーと
思うんですよね。

 

何を隠そう、
ホームページ制作会社の営業マンとしての私には
とても役立つ話だなーと思った次第です。

 

だって、ホームページに限らず、
営業マンって、
既存のお客様に対してでも、
お客様になるかもしれない企業さんに対してでも、
優秀な部下の一人の様な動きが出来れば、
必ず必要な時にはお声がかかるでしょ。

 

で、「社長の周りで働く人」の話。

 

まぁ、プレジデントOnlineなんで、
「社長の周りの仕事術」っていう本の
宣伝みたいな感じの記事ではあるんですが、
一応、宣伝で、リンク貼っておきますね。
気になる方は、ぜひ。
もしかしたら、無料ですが会員登録が必要かも。
嫌だったら、無視してくださいね。

 

カルビー会長”報告は全部お金で表現して”

 

めっちゃ記事ネタをバラしますが、

 

## 社長から抜擢される人の3条件 ##

ってのが書いてあるんですよね。

 

別に抜擢はされたくないし、
面倒なことも頼まれたくないし、
夜中まで働くとかもしたくない。

 

けど、

 

自分が仕事をやっている【遣り甲斐】を感じたいし、
自分の仕事が世の中の役に立っていることも感じたい、
できれば自分の会社の社長の役に立っている実感も欲しい。

 

まぁ、人の欲求って留まるところを
知らないわけですが、
社長の周りで働く人って
どうあったらいいのか?

 

社長でなくとも、
出来る人の部下として、でもいいかと。
カリスマリーダーの下で、と言ってもOKかなー

 

で、その3つの条件を私なりに箇条書きにしてみました。
※原文を見たい人は上記、リンクをご覧くださいね。

1.常に何を言われてもできる理由しか考えない人
2.手間がかからない人
3.そんなこと社長に向かって発言する?ってなことを言ったりやったりする人

仕事柄、経営者の方と打合せすることも多いのですが、
最近は、担当者の方とお話しすることも多いです。

 

担当者の方とお話していてよく感じるのは、
「トップ」のことをわかってない(すんません)(^^;
いや、全ての人ではないですよーーー?

 

トップのことをわかっている人は、
一定数おられます。

 

その人は、いわゆる
「社長の周りの仕事術」を
わきまえているのだろうと思っています。

 

また、「経営者」という立場の人を良く分かっている人も、
わかっていない人も、
よく口にされるのは、

 

「言うことがころころ変わる」

 

普通に受け取ると、良くないこと、
なんでしょうけど、会社の経営者ともなると、
そうではないはず。

 

じゃーどないやねん。
と言いたいでしょうけど、
なかなかこれは口では説明しにくい。

 

その会社、どんな事業で何年続いているのか?
とか、経営状態とかにもよると思いますが、
「社長」の言うことがころころ変わるのは、
実は「当たり前」。

 

それは、逆に「経営者」としての素質、
のようなものを少し勉強してみたら納得するかもしれない。

 

単に「言うことがころころ変わる人」が
経営者として素質があるわけでは、
もちろんありません。

 

会社を経営している人って、

 

・頭が柔軟で
・常に先の事を、現在、過去と共に複合的に見ていて
・様々なことを一度に考えたり
・人と話しながらも、全く関係の無いことを閃くことも多い

 

普通の人間からしたら面倒くさい人なんです(*^□^)
で、大事なのは、要するに
その人が何を自分に期待し、求めているか?
それをちゃんと理解して、その先を行く仕事をする。
これが、社長の周りで活躍できる人だなーと、
私は思っています。

 

「そんなこと、簡単にできるわけないやん」

 

もちろんそーなんです。
私だって、お客様企業の社長とお会いして、
いつもそういうマインドを持ってはいますが、
なかなかそんな簡単に1社1社、相手の思う
先を行く仕事を出来るかというと、それは超ムズイっす。

 

でも、目指すのと目指さないのとでは、
そのうち見えてくる結果は大違い。

 

そんなことを考えながら出勤してきたら
次は「日経ビジネス」から【特別編集版】という
薄い冊子が届いてました。
著名な経営者の方々のインタビューが掲載されていて、
DMとして送ってきてるのだろうけど、
ちょっと得した気分になれる小冊子。
中に経営者の神様と言われる「稲盛さん」の
インタビューが。

 

今、すごく景気が良いらしく(私、景気の良しあしが良く分からないんですが)
景気が良いこと自体はいいことなんだが、

 

ただ、この景気良さの問題は、
企業やそこで働く人たちが大して苦労もせず、
景気が良くなっちゃっている、と。
(※いや、もちろん、苦労しておられる方もたくさんおられるとは思いますよ。ただ、全般にということでしょうね~)

 

そういうときこそ、羽を伸ばさず、
危険な罠だと理解しながら、
今こそちゃんと固める事を固めて、
手堅く慎重に前に進むべきだ
、と、
書いてました。

 

ですよね。
粛々と生きる。
地道に努力を重ねる。

 

説教くさいことを言うつもりは無いけど、
基本的に私は「調子に乗りやすい」
人間なんで、自分に言うとこうと思って、
メルマガに書いてみました(*^□^)

 

それにしても、景気がいいのかーーー
道理で忙しすぎる気がしています。
でも、調子に乗らず、
安心せず、
足元をしっかり見て、
出来ることをしっかりこなして
前に進みたいと思います!

 

今度とも、よろしくお願いいたします!

 

関連記事

ページ上部へ戻る

このホームページに対する感想など、教えていただけると幸いです。